一歩一歩

山歩きを始めて1歩の力を実感です。 コツコツ、ぼちぼち、 努力、努力・・・

みつまた観賞ハイクはサプライズの1日

  みつまた観賞野登山(851.5M)      2009.3.28.(土)

         DSC03308s-.jpg
              亀山市坂本 棚田の一角をしめるミツマタワールドから


これまで1,2本のミツマタの木は見たことありますがこんなにドバーっと それも満開直後のタイムリーなのに出会ったのは初めてです。いやはやもう感激!





ツッチョさんから “亀山市のミツマタがいい時期ですがどうですか?” とメールを頂く。 “是非に!”
ミツマタ計画その2  “じゃぁミツマタをみて 足の調子がよければその後野登山へ行きましょう”
私の膝の調子を気遣ってくださる細やかな心くばりに恐縮です。

  集合 亀山市MAXV 9:30

以前やしおさんと “ここから野登山はすぐですよ ” という場所に車を停めて仙鶏尾根を辿って仙が岳へ登ったことがあります。 だもんですっかりハヤトチリ&カンチガイをしていたワタクシ(m. .m) 

さてさてハヤトチリの中身は・・・・?





ツッチョさんの車の後について亀山市坂本へ向いますと見事な棚田風景が迎えてくえます。
そして広い駐車場の真ん前に このドバーっと圧巻 黄色の世界です。

   おぉぉぉ~~~

         DSC03306s-.jpg

         DSC03305s-.jpg

         DSC03303s-.jpg

         DSC03311s-.jpg

カメラに夢中の我々に 
“ここは ほんのサワリです。 本番までまだここから30分歩きます。” 
思わず “えっ!???”
ここが目的地じゃないの~~~?

という訳で前へ進みます。

         DSC03313s-.jpg
            振り返ると・・・


そしてこの赤い舗装路がつきると山道へと入っていきます。
やさしい傾斜の道をおしゃべりしながら進んで行きますと・・・・




進むごとに迫りくる黄色いポンポンの群れは また谷を覆い尽くすように、山腹を這い上がるように遠くまで広がっています。   まさにこれぞ群生地!

         DSC03328s-.jpg

         DSC03319s-.jpg

         DSC03335s-.jpg

         DSC03340s-.jpg

         DSC03344s-.jpg
               高い所から見下ろすと全く雰囲気が違います そう白の世界

ミツマタは蕾の時は白く 花開くと黄色 そしてうつむいて咲いてますので下からのぞき込むとオレンジっぽい黄色ですが上から見ると白くふわふわ綿毛を置いたように見えます



さてさてこの群生地 いったいどのくらいの距離だったのでしょうか。
たたずんでは写真を撮り、香りにひたり 超スローではありますが、それでも30分近くの空間でありました。

そして黄色いぽんぽんのトンネルを抜けてその先待ってたのは急登の尾根道。
この道を進んで野登山にむかいます。
(れれっ? 車で野登山へ移動じゃなかったんだ~~~)
この厳しさ 先週の入道が岳といっしょですやん!

あえぐこと50分(私のペースでかなり足を引っ張ってますが) 野登山へ続く車道に飛び出した。


そして車道をテクテク歩いて野登山に向いますと・・・・
これまた嬉しい展望が・・・

         DSC03351s-.jpg
                   鎌が岳               入道が岳

         DSC03359s-.jpg
                  彼方に雨乞岳が美しい (ズームアップ写真)
            やわらかい稜線と白い霧氷と薄緑色が周囲の景色から際立っています

         DSC03362s-.jpg
          景色に見惚れて行き過ぎちゃいました。 雨乞岳を見ながら引き返しています。


野登山山頂手前の国見のひろばに立つと

         DSC01025s-.jpg

         DSC01024s-.jpg
                  入道が岳 と    四日市名古屋へと続く伊勢平野  

         DSC01028s-.jpg
               ツッチョさんと歩くと必ず付いてくるこの展望 (^. ^;) 

“あの白い建物が見えるあたりは名古屋方面です”なんて色々教えて頂きながら、展望を楽しみながら食事です。こういうビューポイントってのは風がビュービュー吹き抜けるんですよね。まだちょっと冷たいけど春の風ですね~~



野登山の三角点で記念撮影をして野登寺へ
              DSC01053s-.jpg

                  DSC03366s-.jpg

            DSC03368s-.jpg
                      檜の巨木と観音様が並ぶ参道
            DSC03370s-.jpg

            DSC03378s-.jpg
                    鄙びた感じの趣のあるお寺です 




それでは帰るとしましょうか 
            DSC01071s-.jpg
                             14:10

            DSC01087s-.jpg
                       車道を横切ります  (14:32)

            DSC01088s-.jpg
                    概ねこんな道です  (14:36)

            DSC01091s-.jpg
                      分岐点      (14:53)

            DSC01093s-.jpg
                  こんなお庭のようなところもあります (14:55)

            DSC01107s-.jpg
             鶏足山表山道コース 入り口まで帰ってきました (15:13)

野登寺をあとにして、ここまで1時間の歩行 
この入り口から「徒歩1時間50分」と書いてありますから いつも下山に登りと同じくらいの時間がかかる私にしては上出来です。 (^..^;)

??? レポ書いててなぁ~んかヘンな感じ!
これって ツッチョさんお得意の逆バージョン設定なんですよね~~~ 笑 笑 笑
意味わかりますぅ~~~?

             DSC01108s-.jpg
                駐車地の棚田まで帰ってきました (15:20)

ミツマタを見に来られた方が沢山おられます。
ここでワタクシが 嬉しげに、得意気に 言ってあげたことはいうまでもありませんね!
“ここのはほんのサワリで 本命の自生地はここから歩いて30分の山の中ですよ~”



たっぷりのミツマタワールドにひたり、ヒーヒーフーフーの山登りでたっぷり汗もかき、山頂からの大展望にも感激 と充実の1日に感謝 感謝です。
誘って頂き、ご案内頂きありがとうございました。


あわや つっかけ履きのまま出発しそうだったワタクシ
ツッチョさんに促されて登山靴に履き替えて、荷物も全~部しょって出発した意味がだんだんとわかってきた時点で一人 大苦笑のワタクシなのでありました。










スポンサーサイト
  1. 2009/04/08(水) 16:13:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<まだ見ぬ花を求めて・・・ | ホーム | 歩いてるの?しゃべってるの?>>

コメント

忙しい・・じゃなくて~~~ドンクサイ!?

私に成り変りまして・・・

ツッチョさん
 代返ありがとうございますi-179

ルネさん
 どうもあちら方面は 他の地域が降ってても そこだけ晴れてる~ってケースも多いような・・・i-183
 それに比べて こちら方面は よそ晴れてるのにここだけ降ってる!?みたいな・・・i-182

いやはや・・・
  1. URL |
  2. 2009/04/22(水) 09:40:50 |
  3. コト #-
  4. [ 編集]

ルネさん

”ところで、ツッチョさんは晴れ男なんですか・・・?”

ルネさん、はじめまして。
”晴れ男”ではなく、”晴れたら・・・男”なんですよ~v-222
  1. URL |
  2. 2009/04/22(水) 08:33:05 |
  3. ツッチョ #-
  4. [ 編集]

ルネさん

来年は是非行きましょう。

ゴメン! 返事遅くなって。
バタバタしてまして・・・
週明けにまたゆっくり ね。
  1. URL |
  2. 2009/04/18(土) 01:16:12 |
  3. コト #-
  4. [ 編集]

逆??

『逆バージョン設定??』
や~っと分かりました。そういうことなのね!
『旨いもんは宵に食え』とか言いますモンね(;^_^A

それにしても、すごい黄色のぼんぼり!!
来年は私も見に行きたいな~

ところで、ツッチョさんは晴れ男なんですか・・・?
  1. URL |
  2. 2009/04/16(木) 17:35:34 |
  3. ルネオバ #-
  4. [ 編集]

1年越しのプレッシャー?

それはそれは・・・こちらのんきなことで、大変失礼いたしました~~~ 笑
で、? まだまだプレッシャーの呪縛解けてないでしょ!?
これからもめげずによろしく~です。v-433


逆さ歩きはツッチョバージョンとして登録完了です。
是非、今後も記録更新を!v-425
  1. URL |
  2. 2009/04/14(火) 11:37:33 |
  3. コト #-
  4. [ 編集]

逆さ歩き

そうですよね~
いつも表道を下ったり、寺社の裏口から入ったり。v-221
主目的は早々に終えないとね!コト家のプレッシャーは一年越だし、足が振るえ胃は胃チローになっちゃうし。ふぅ~

またまた、やっちまったよ~
堀坂・観音で。逆さ山歩き!言われる前に書いときますぅ~(大笑)レポ楽しみです。
次回も期待の山歩き、ご期待くださいなv-22
  1. URL |
  2. 2009/04/13(月) 21:17:44 |
  3. ツッチョ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kotoayablg.blog123.fc2.com/tb.php/89-450cb41a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コト

Author:コト
FC2ブログへようこそ!




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる