一歩一歩

山歩きを始めて1歩の力を実感です。 コツコツ、ぼちぼち、 努力、努力・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

道の駅にて

道の駅に立ち寄ると野菜をはじめ地元産の品々が並んでいて見るだけでも楽しい。物色してるうちになにかしら買ってしまいます。数年前大きな花豆を買って、帰ってゆっくり見たら「中国産」の表示 “あらまっ!”何でも地元産の 思い込みはいけません。

そして好きなのが 「山野草」コーナー 
図鑑でしか見たことのない花に出会えたり、花の名前がわかったり、家のまわりでカタキのように引っこ抜いていた雑草も鉢の中でいい景色を作ってたり、作り手の労や細やかな愛情が伝わってきたり・・・・ 

ところが今回ちょっと複雑な思いが・・・・ 
    近年これを追っかけて 会えずじまいというか振り回されているというか・・・・・ 
        そんな私にとって印象深い花が売られていたのです。              
DSC00228s-.jpg
          シライトソウ
              DSC00231s-.jpg
                        山芍薬 
                          DSC00232s-.jpg
                                   ササユリ
そして
ササユリの鉢を買おうと大事そうに腕にかかえこんだ人に、おじさんが自慢そうに話してる。
「そんなんうちの庭にはいっぱいあるで」「山芍薬もあるしアレもコレも・・・」「山で見つけたら持って帰って増やしてん」
そこで思わず割って入ってしまった私
「おじさん これからは山で咲いてる花 採って帰るのやめてくださいません!?」「私自生の花が見たいと山登りするんですよ」「近年どんどん自生の花が減ってますねん」「花の時期短いから 花期にあわせての山登りもむつかしいの」「それだけに山でお花に出会えるとどんなに嬉しいことか 会えないとどれだけ残念なことか」
頭の先から足先までジロ~っと私を見て過ぎ去って行ったおじさん きっと自分の子どもにしたかっただけで悪意はないのよね。
でも 私の思い通じたのかしらん?

その後
2種類のポットを沢山持ち込んで来られたご夫婦が 陳列台にせっせと並べていらっしゃる。
「これシロヤシオですよね」
10センチにも満たない大きさであるがここまでに6年かかってるとか。これまた色んな思いがグルグルしながら・・・口をついて出たのは「私にちゃんと育てられるかしら?」
すると育て方を丁寧に教えてくださり「今日会ったのも何かのご縁や この先を引き継いで育ててくれ」とおっしゃる。
もう一つはヒメレンゲに似たお花 聞けば「テカリキリン」とか これは強いから育つと保障され
二つのポットを嬉げに連れて帰ったのです。

う~~~ん  山のものは山で・・・山で咲くから美しい・・・なんだけど・・・
この方たちはいわば山の自然の恵みを少しばかり生活の糧にしてらっしゃるのよね。
そして できるものなら自分の手元で育ててみたいと思う私。
おじちゃんに託されたことだし 大事に育てよう。


スポンサーサイト
  1. 2008/06/12(木) 08:30:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<蛍 鑑賞会 | ホーム | あせらず、あせらず・・・>>

コメント

ツッチョさん

>山へ花見歩きは世話要らず。その時期の有る所へ行けば、答えてくれます。
同感!同感!
あとご近所の庭ってのもありますが、帰って我が家の庭をみて ふぅっーーー ため息
>私は花が好きな広には情報は共有しても良い、と思ってましたが難しい。
ホンマ、ホンマ 
私は基本的に花好きな人の良識を信じていますので  そこまで・・・?って思いますね。 でも無知ってのも罪作りですので 細やかに配慮を怠らない人々の意見も気になるところです。
花に限らず “感激の共有感”が最高ですよね!
  1. URL |
  2. 2008/06/16(月) 10:56:02 |
  3. コト(^A^) #-
  4. [ 編集]

山から持ち帰り売ってるのもあるように見えますよね。
私の場合は庭の手入れもせず、山へ花見歩きは世話要らず。その時期の有る所へ行けば、答えてくれます。いつまでも咲いててくれることを願うばかりです。
今日、その道の駅によって来ました。
赤山芍薬は売れてました。山芍薬に遅れて咲くため、今 山に咲いているんですよね。
先週、山で会ったカメラを持った方は「山の名前と、そこで見た花をブログ・HPで公表するは控えるべき」と話してみえた。
言いたがりの、私は花が好きな広には情報は共有しても良い、と思ってましたが難しい。
やはり、山にある花と出合った時の感激を大事にしたいです。
全快のおりには、是非、感激を共有しましょう。
  1. URL |
  2. 2008/06/15(日) 19:50:58 |
  3. ツッチョ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kotoayablg.blog123.fc2.com/tb.php/41-927628ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コト

Author:コト
FC2ブログへようこそ!




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。