一歩一歩

山歩きを始めて1歩の力を実感です。 コツコツ、ぼちぼち、 努力、努力・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

女人高野と異空間と

  室生山上公園 芸術の森       2011.6.5(日)
          設計・監修:ダニエル・カラヴァン


DSC1160500723.jpg

梅雨に入ってすっきりしないお天気の日曜日
遠出をあきらめて、かねてからコトどん推奨のこの公園に来ました。




              DSC1160500004.jpg
              DSC1160500012.jpg
              DSC1160500653.jpg
              DSC1160500652.jpg
              DSC1160500660.jpg
              DSC1160500071.jpg
              DSC1160500667.jpg
              DSC1160400035.jpg
           DSC1160500671.jpg  DSC1160500674.jpg
              DSC1160500684.jpg
              DSC1160500056.jpg
              DSC1160500057.jpg
            DSC1160500675.jpg DSC1160500715.jpg
              DSC1160500720.jpg

                   〒633-0421 奈良県宇陀市室生区室生181番地
                              室生山上公園芸術の森
                              TEL0745-93-4730
                        観覧料  大人400円(高校生200円、中学生以下無料
                        休園日  毎週火曜日 及び12月29日~2月末日


コトコト夫婦が歩き始めたころ室生口大野駅から「室生寺」まで東海自然歩道を歩いたことがあります。
せせらぎ沿いのとっても気持ちいい道でした。
この芸術の森も「室生寺」のすぐ近く
車でぴゅーっと行くのもお手軽ですが、せっかくなら東海自然歩道を歩いてこの異空間に辿り着けばまたきっと違った感動を味わえるのではないか思いました。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/16(木) 11:04:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<キャンドルナイトin赤目 | ホーム | とりあえず速報を>>

コメント

ルネさん

運営・管理は多分 宇陀市か?と。

そう、なんとも不思議な空間で、言葉に困って、写真を貼り付けただけという訳です。
是非一度偵察に出かけてみてください。
400円払うからいいのかもよ?

鑑賞というのではなく、遊ぶというか一体化?
ふしぎと心落ち着きます。
  1. URL |
  2. 2011/06/19(日) 15:51:19 |
  3. コト #-
  4. [ 編集]

何ともまあ、前衛的なオブジェの数々! ( ̄~ ̄;)
女人高野の室生に、果たしてそれはどんな意味があるのか・・・
といった、野暮なギモンは置いといて、
ちょっと偵察に出かけてもいいかも・・。
あ、けど400円も要りますのね・・・・・・。

広大な敷地に置かれたいくつもの作品。
かなりお金がかかっているでしょうね。どこが運営してるんでしょ?
  1. URL |
  2. 2011/06/16(木) 15:03:03 |
  3. ルネオバ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kotoayablg.blog123.fc2.com/tb.php/216-ada08d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コト

Author:コト
FC2ブログへようこそ!




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。