一歩一歩

山歩きを始めて1歩の力を実感です。 コツコツ、ぼちぼち、 努力、努力・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旧交旅行

  2010.8.13~8.16

             R001081313169s-.jpg

13日(金)から宇部~福岡~宇部と旧友・恩師に会いに・・・
姉・義兄に甘えに甘え・・・
羽根を伸ばしたいだけ伸ばして・・・
16日なんとかその伸びきった羽根を納めました。    



みどりの会  山口県立宇部高等学校1970年卒業生同期会         
                   2010.8.13(金)
                   於:宇部全日空ホテル 万葉の間

             DSC1081309691s-.jpg
     DSC1081309737s-.jpg  DSC1081309740s-.jpg

バンドを従えて元青年・乙女は熱唱
     DSC1081309715s-.jpg  DSC1081309724s-.jpg
     DSC1081309731s-.jpg  DSC1081309732s-.jpg
ちょっと自慢なんだけど・・・(笑)
その当時のコーラス部はNHK全国合唱コンクールの常連出場校でして、優勝した年もあるのです。
って私はコーラス部ではありませんが・・・

40年ぶりの方も沢山いらっしゃる。
おまけに男女共学校でありながら、男子クラス、女子クラスと別々の完璧男女隔離校なれば
男性で記憶のよみがえってくる方は小・中学校で同じクラスになったことのある方数名のみ。
名簿片手に一生懸命当時を思い起こす。

還暦も近くなった元少年・少女達も・・・
皆それぞれに立派な肩書と貫禄ぶり。しかし笑顔は昔のまま・・・




翌日は山陽小野田市にある書道研究玄游会本部に矢田桂雪先生に会いに行きます。
                 DSC1081409746s-.jpg

大学を卒業後ある先生に弟子入りしたのですが(学生時は特定の先生に師事してはいけないという規則がありまして) 
半年にもたたないうちにその先生から、
『破門状』 <今後あなたは山口県いや西日本では一切書活動はできません>なるものをもらって(理由はわかりませんが、思いあたる節としてはたぶん稽古を休みがちだったことかな?)
落ち込んでるときに 桂雪先生に“うちにいらっしゃい”と救っていただいたのです。

にもかかわらず2年と経たないうちに結婚で大阪に移り “通信教育で続けましょう”がだんだん尻切れになり・・・それこそ破門状が何十枚、何百枚、何千枚と届いてもおかしくない非礼の限りを尽くしての今日まで・・・
ずぅ~とそれがひっかかってたのです。

勿論そんなこと問題にする先生でないことはわかってましたが・・・
想いをきちんと言葉にして伝えることもできませんでしたが・・・
お会いできて、とても感激でした。
貴重なお時間をさいて頂いてありがとうございました。



そして午後には博多に向かいます。
大学時代の仲良し4人娘が友人宅に集まります。

                DSC1081409755s-.jpg

    DSC1081409759s-.jpg  DSC1081409765s-.jpg

“やぁ~元気やったぁ~”
“変らんねぇ~”  ・・いやいやすっかり立派な貫禄おばちゃん・・
“東京に帰る孫を博多まで送ってきたと~” って私をピックアップしてS邸に送ってくれた旦那さまはこれから一人熊本へ・・学生時からの知り合いです。遠慮はいりません。
“おばぁちゃんの介護ちゃぁんとすませて来たとよ~ 行かれんかと思ってたから 嬉しか~~”

昔書道ガールズ達のおしゃべりはとめどなく続く・・・

気分は少女時代 話題は現代ってのおもしろい。
普段連絡取り合ってるわけでもないのにそこはやっぱりツーカーの仲
飾ることもなければ、気取ることもいらない。
人生の中で何人か自分の一生に影響を与える人がいるもんだが、彼女らも間違いなくそうだ。
堅物のイモ姉ちゃんが、何かとカルチャーショックを受けたものだ。

翌早朝に“おばぁちゃんの朝の食事があるけん”と忙しい友を送り
熊本に帰る友と宇部に帰る私は博多へ
切符売り場で “ここで 一、二、三ってわかれようね!”っていいながらお互い目は真っ赤


今度会えるのはいつかなぁ。


 
スポンサーサイト
  1. 2010/08/17(火) 00:57:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奈良交バスハイク | ホーム | 緑の草原>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kotoayablg.blog123.fc2.com/tb.php/179-0f7877ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コト

Author:コト
FC2ブログへようこそ!




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。