一歩一歩

山歩きを始めて1歩の力を実感です。 コツコツ、ぼちぼち、 努力、努力・・・

海抜7.7M~502.9Mへ

   姫越山 502.9M    2009.12.6(日)
           三重県大紀町錦
              メンバー:WTコンビ チーさん コトコト          

DSC09120607290s-.jpg
               姫越山から望む熊野灘は銀色の大鏡  (10:55)



2週間前に牛草山に案内して頂いたツッチョさん その後も何かとメールのやり取りがありまして・・・
“5日お天気の様子を睨んで姫越山か網掛山に行く予定です”
私、さりげなく 自分の都合のいい日を知らせます。
“じゃ コトさんのいい日に合わせて6日にしましょう” “えっ? ギクッ! 私に合わせるって!?” 
で、次の3案が送られてきます。
  ①気合いを入れて姫越山にキノクニシオギクを見に行く
  ②セット持参の国束山弘法温泉へお気楽ハイク
  ③最後の紅葉追っかけ網掛山+新鮮ゲット
気合いのないコトさんちは③の新鮮ゲットに食いついたのでありましたが・・・
  紅葉は期待できませんよ とか は姫越山でもゲットできますよとか・・・  はは~ん???
で、
  “キノクニシオギクも気になりますね~” と察しのいい私 
すると待ちかねてたように
  “ハイ 美人の町、姫越山に行きましょう”“チーさんも誘って・・・” 
と決まったのは4日金曜日のこと

5日(土)は仕事が途中で打ち切りになるほどの雨
6日の予報は晴れマークが出てるんですが ほんまに晴れるんやろか!?




前回と同じ場所で待ち合わせ(8:10) ここまで自宅からおよそ1時間
大紀町へはまだまだここから倍の距離ありますよとTさんは言います。
前回乗せて頂いてるので今回は私が運転を・・・とこそっとナビをセットして待つ
チーさんを伊勢中川駅にお迎えのツッチョ号着
“僕の車で行きましょう”
“ハイハイ そうしましょ!”
挨拶もそこそこに5分とたたぬうちに5人を押せてツッチョ号は出発したのでした。


嬉野ICから伊勢自動車道、紀勢自動車道とスイスイ走ること1時間弱で「美人の町 紀勢町」に着 (9:10)
     DSC09120607228s-.jpg  DSC09120607231s-.jpg
               紀勢町錦 日の出公園駐車場           「ようこそ美人の町 紀勢町錦へ」と書いてある


さあ 気合いを入れて出発です。(9:20)
今日は本も読み、地図も持ち、和たんさんの記録(2006/12/23姫越山)も見て事前の資料チェックOK!
ロング歩行の覚悟もOK!

DSC09120607239s-.jpg DSC09120607237s-.jpg
正面のお山が姫越山かな?                          きらきら光る川面を鳥達がす~いす~い
なんとものどかな風景であります。

5分も歩くと登山口
この急な階段から始まります。
この後もず~っと急登は続きます。 なにせ海抜7.7Mからですものね~
DSC09120607243s-.jpg DSC09120607248s-.jpg
ここは津波の時の避難場所とか。 パニック状態でこの急な階段を・・・と思うとゾッとしますね。 
DSC09120607253s-.jpg DSC09120607256s-.jpg
最初の展望  錦湾を望む(9:35)                             ウバメガシの林を行く
DSC09120607257s-.jpg DSC09120607269s-.jpg
第2の展望 錦湾を望む (9:50)                     黙々とひたすら登る
DSC09120607264s-.jpg DSC09120607282s-.jpg
展望その3同じく錦湾 着実に高度を稼いでる実感! 標高430ぐらい    姫塚までくると山頂は近い




着いたぁ~~(10:55)
              DSC09120607291s-.jpg
             山頂のスペースは広くないけれど目前に広がる景色は果てしなく広がる海~~~
              IMG_2294s-.jpg

              DSC09120607296s-.jpg


お昼には少々早いけれど私のリクエストでここで昼食に

私が前夜張り切って仕込んだすき焼き風味の肉うどん 張り鍋のせいか熱がうまく伝わらず焦げてしまった(m..m)
アツアツのおうどんにはならなかったけれど・・ ま、今日は寒くないので これで勘弁して頂戴ね。
チーさんからのデザート 格別においしかったです。 ごちそうさま。 


エラー、エラーの連続で 書いては消え~書いては消え~~ (1,2行で)
ここまでなんとかねばりましたがさすがにもう限界
ということで ここで一旦打ち切ります。
続編は気力回復すれば・・・
スポンサーサイト
  1. 2009/12/07(月) 03:05:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<海抜7.7M~502.9Mへ  その2 | ホーム | 関西古典研究会>>

コメント

風花老師

ご訪問ありがとうございます。いやぁなんとも感激です。

お知り合いになった頃でしたね。
レポみて素敵なところだなぁ~  でも私には・・・と二の足踏んで3年
時期もほとんど一緒で多分同じ感動を体験かと思うとまたこれ嬉しゅうございます。

こちらの方にお越しの折には是非是非お声かけ下さいませ。
  1. URL |
  2. 2009/12/14(月) 09:12:35 |
  3. コト #-
  4. [ 編集]

もう一度行きたい

ワタシも和たんたちと行きました。
海が見える山は、いいですねえ。
芦浜池もいい。
また行きたい山の一つです。
  1. URL |
  2. 2009/12/13(日) 09:36:38 |
  3. 風花老師 #ZoFvGTEA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kotoayablg.blog123.fc2.com/tb.php/134-048b39f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コト

Author:コト
FC2ブログへようこそ!




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる