一歩一歩

山歩きを始めて1歩の力を実感です。 コツコツ、ぼちぼち、 努力、努力・・・

シロヤシオ~~

  三峰山  2005.5.29 
           三峰山のシロヤシオに初めて出会った日

DSC1353000921.jpg
いやぁ PCのデータをひっくり返してやっと見つけました
2003年からの写真がありました。(1/25 3/9 6/21)
2004年には8回 全部1月、2月の霧氷期のもの
2005年に霧氷期7回と この貴重な5/29と 12/18の計9回

今にして思えば 三峰山のシロヤシオと初めて出会ったこの日の咲きっぷりが一番だったと・・・



                 

            DSC1353000862.jpg
                 三畝峠からもうウハウハ言うほどシロヤシオのトンネル
                  dsc1353000884_r1.jpg

            DSC1353000910.jpg
                八丁平ではもうカメラに収めきれないほどあっちにもこっちにも
DSC1353000937.jpg
           DSC1353000944.jpg
                      二人の笑顔  やっぱ若いよ~~

DSC1353000951.jpg

この年から毎年5月の最終週にシロヤシオ詣でに行ってます。
が、 この日が最高

スポンサーサイト
  1. 2013/05/30(木) 11:23:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シロヤシオ満開

三峰山        2013.5.27(月)


            DSC1352707194.jpg

このところちょっとご無沙汰の三峰山
いよいよシロヤシオのシーズン 
“今年は5年ぶりの花付き きっと満足いただけます。”
なぁんて連絡いただくとね



家出発 (7:30) 姫石の湯でトイレ休憩をして旅行村着(8:20)
先行車 3台
見上げる山頂付近はガスがかかってます。
            _DSC135271529.jpg

お気に入りの登尾コースから(8:32) 早速にガクウツギが迎えてくれます。 
_DSC135271532.jpg _DSC135271533.jpg

曇り空ですが、新緑の緑がみずみずしく 尾根を吹き抜ける風にまるでグリーンシャワーを浴びるようです。
            _DSC135271549.jpg
            DSC1352707138.jpg


カタクリの自生地に寄ってみます。が、相変わらず1枚葉ばかりで、花が咲いた形跡はありません。
                DSC1352707141.jpg
確か発芽から花が咲くまで7年かかる と本で読んだ気がするのですが・・・
この葉っぱを見つけてからゆうに7年は経ってます


三畝峠からは予想通り幽玄の世界(10:26)
           DSC1352707161.jpg
この道にも シロヤシオの木は沢山ありますが花の付いてるのがありません。
でも葉っぱだけでもかわいらしくて美しい
           DSC1352707167.jpg
冬には霧氷で楽しませてくれるこの道 新緑のトンネルもいいね~
           DSC1352707177.jpg
花の咲いてる木がありました~~~
           DSC1352707181.jpg
           DSC1352707180.jpg
この感覚を惜しむようにゆっくり、ゆっく~り
           DSC1352707184.jpg



山頂です。(10:39)
だぁれもいません。眺望もありません。でも今日はいいのです。
           DSC1352707199.jpg



では八丁平へ行きましょう。


      八丁平のシンボルツリー(って私が言ってます)
           DSC1352707222.jpg
                   わかりづらいですが 沢山花咲いてます。
           DSC1352707223.jpg
           DSC1352707225.jpg
                         べっぴんさんです

参考までに・・・  同じ木です
           DSC1352705188.jpg
                        2013.2.2.17撮影





ではでは 大きな画像で・・・
DSC1352707229.jpg
DSC1352707231.jpg
DSC1352707233.jpg
DSC1352707253.jpg
DSC1352707247.jpg
霧を浴びてかみずみずしく、 しっぽりと美しいね


駐車場に着いたらなんと 車がいっぱい増えてましたよ
土、日は大勢の人で賑わったのかな?
  1. 2013/05/28(火) 10:06:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

関西古典研究会

第7回関西古典研究会  2013.5.18(土)


            DSC1351807066.jpg
                        キャンパスプラザ京都

速いものです。
この研究会も今回で7回目
今にして思えば 第1回の参加が 私をもう一度“書”に向き合わせる変換点になりました。




   ー臨書から創作へー

今回の課題は
  枯樹賦   褚遂良
  蘇馬湾刻石(連島境界刻石)


 DSC1351807067.jpg DSC1351807069.jpg
                             照濤先生の参考手本


午前中は講義

 枯樹賦と蘇馬湾刻石について教えていただきます。


            DSC1351807087.jpg
                DSC1351807091.jpg
研究会に行く前に持ってるかぎりの文献をあさりましたがみつかりません。
比較的近年に発掘されたものだそうです。 (ここ30年の不勉強露呈)
高橋翆城先生に本をお借りしました。


桂雪先生が書かれた臨書の折帖を見せていただきながら、臨書の意義・学び方など沢山のお話を聞きます。
          DSC1351807092.jpg
                  孟法師碑(褚遂良)      灌頂記(空海)
          DSC1351807101.jpg
                  祭姪帖(顔真卿)        爨寶子碑


中身の濃い濃い時間はあっという間にすぎます。



昼食をすませて午後は実技
会場を別の部屋に移動です。(ここは1分までピッタリの時間厳守)
              DSC1351807103.jpg



午後の部 (12:40~15:50)



照濤先生の揮毫  

   独特の筆使いの “妙” を目に心に焼き付けます。
             DSC1351807109.jpg
             DSC1351807112.jpg
          1枚目枯樹賦と2枚目蘇馬湾刻石  書風・書体の全く違うものがビタッときまります。



私は蘇馬湾刻石を書いて枯樹賦に移りましたが、書方・リズム感の違いになかなか移行できません
その後の創作にいたっては・・・・・

午後の実技時間は2時間ちょっと。
課題の1つでもいいですよ といわれながらもやっぱり欲張ります。
皆さんの書きっぷりとか見たいんですけど 黙々と書きます。

皆の提出した作品の講評会も楽しい。
大胆な発想・創造力にドキッっとします。
私なんかすごく固定観念にとらわれてることをまざまざと感じます。




[関西古典研究会]の続きを読む
  1. 2013/05/19(日) 16:15:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中国料理?

  お食事会   2013.5.17(金)

      公民館書道教室のお仲間と行ってきました。



            DSC1351707046.jpg

DSC1351707056.jpg DSC1351707057.jpg
            DSC1351707058.jpg
  
            DSC1351707059.jpg

            DSC1351707060.jpg

            DSC1351707062.jpg

            DSC1351707063.jpg


名張市百合が丘にある 「絹の道」
入り口に 中国料理の店と書いてありましたが
お店の外観、中のしつらえも和風  お料理も一見 和風懐石風

食してみると・・・
素材は普段なじみのあるものばかりで調理法も特別な感じはしませんが、お味が全く見た目に反します。
上品なお味でとってもおいしゅうございました。

完全予約制で 予約をとるのが大変だそうですよ。
  1. 2013/05/17(金) 15:07:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お花畑ふたたび

 金剛山      2013.5.6(月)

            DSC1350606562.jpg

4日前の5月2日は お陽さんがあまり顔をださず、肌寒くて お目当てのニリンソウの花びらがとじぎみだった。
それはそれで趣きもあり私好みでありましたが・・・
やっぱり ドパーっと 晴やかに、 誇らしげに、 咲き誇った姿を見届けなくてはと・・・



DSC1350606560.jpg
DSC1350606578.jpg
DSC1350606586.jpg
DSC1350606620.jpg
DSC1350606687.jpg
DSC1350606704.jpg
DSC1350606695.jpg
キャッハ― それにしても貼りすぎだよね~~~
もうこれで言葉はいらないっしょ

そして前回見つけることができなかったサイゴクサバノオも見事ゲット
             DSC1350606638.jpg
             DSC1350606664.jpg





そして本日出会ったお花を・・・
DSC1350606536.jpg DSC1350606537.jpg
          カンアオイ                             チゴユリ
DSC1350606538.jpg DSC1350606541.jpg
          ハナイカダ                        シロバナハンショウヅル
DSC1350606544.jpg DSC1350606547.jpg
           ヤマルリソウ                           キケマン
DSC1350606550.jpg DSC1350606552.jpg
           ヤマネコノメソウ                      ツルカノコソウ
DSC1350606595.jpg DSC1350606598.jpg
          イチリンソウ                         ヤマエンゴサク
DSC1350606643.jpg DSC1350606653.jpg
          サイゴクサバノオ                       ミヤマカタバミDSC1350606655.jpg DSC1350606675.jpg
          ツクバネソウ
DSC1350606681.jpg DSC1350606700.jpg
          カタクリ                               ニリンソウ





[お花畑ふたたび]の続きを読む
  1. 2013/05/11(土) 11:25:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ニリンソウのお花畑

   金剛山      2013.5.2(木)

DSC1350206500.jpg
カトラ谷のニリンソウのお花畑  2010年5月4日に初めて来たときにはその圧巻ぶりに感動だった。
昨年は来れなかったけど、連休の時期になると さすがに物覚えの悪い私でもこのお花畑がチラチラしてくる。

このところルネさんとの山行きが定着してきてる(レポがぜんぜん出来てませんが)コトコト
連休後半に遠出を計画されてるルネさんに ダメモトでメールを送ってみると・・・
なんと “ 今日 お昼からでも行ってみようかと思ってた ” のお返事
それから話はとんとんと進み “ 明日 8時 まつまさ駐車場で ” (まつまさ駐車場ってどこよ!?



家出発(6:00)
途中ナビとのいさかいを何度も繰り返しながらも なんとか約束の時間内に到着(7:50)
そこへルネさん いつもの見慣れた車とは違う車で登場
おしゃべりオバ二人は もうそこからひと談議もふた談議も(


                DSC1350206425.jpg
仕度を整えて出発~(8:07)
                _DSC135020240.jpg
                 私の軽そうなザックと ルネさんのパンパンのザック

*この写真コトどんが撮ったもので(8:07)の記録 が、しかし私が駐車場をあとにした時間記録は(8:25)
この差は何よ!?って悩むんですけど・・・

こんなとこで悩んでないで ま、先へ進みましょ

早速迎えてくれたイチリンソウとヤマブキ
 DSC1350206427.jpg DSC1350206533.jpg
     うん? ちょっと少ない!?  例年より今日は寒いですもんねぇ

3回目ともなると コト家が率先して歩くべきところなんですが・・・
やっぱりルネさんの読地図力が頼りです
ほら 私って いつも大勢の人の後をなぁんとなくくっついて歩いてるでしょ
今日は前後に人気なし!
最近 <ふむふむこうして地図を読むのね>ってお勉強させてもらってますが、根っからの他力本願癖は困ったもんです。

工事中のためか標識がなくてちょっと悩みました。(ルネさんが
_DSC135020244.jpg _DSC135020247.jpg
_DSC135020250.jpg _DSC135020252.jpg
ここから先は迷うことなしの一本道 
_DSC135020256.jpg _DSC135020258.jpg



水場で休憩(9:20)
                 _DSC135020264.jpg
                 オバ二人はおいし~いお菓子を食べて くっちゃべって・・・



水場を過ぎると お花畑の始まり~~

            _DSC135020276.jpg
            _DSC135020291.jpg
            _DSC135020294.jpg
   この先に こ~~んなに咲いてるというのにねぇ~~~
            DSC1350206444.jpg
                        つかまってしまってます
            DSC1350206448.jpg
            DSC1350206451.jpg

_DSC135020310.jpg
DSC06500.jpg
DSC1350206509.jpg
DSC1350206511.jpg

登山道わきを埋め尽くすお花畑にすっかり魅了され・・・
どんだけ撮ってもきっと使い物にならないんだわ なんてわかっていながら・・・
でもって残念ながらお花が開いてないんですよね~~ 寒さのせい? お陽ぃさん不足?なんて言いながら・・
ま、これはこれで清楚な感じで趣もありなんて・・・
この間そんなに距離はない思うのですが、なんと50分も居座って・・・



山頂の時計をみてびっくりです
            _DSC135020330.jpg

ちょっと早めのお昼は
            DSC1350206518.jpg
パンパンのルネさんのザックから出てきた食材&でっかいお鍋で ラーメンを作っていただきまして・・・ 
チャーシュー、メンマ、ゆで卵、ねぎのトッピングも豪華であります。
コト家製 みてくれの悪い金時豆 昨夕裏の方にフェンス越しに頂いたワラビのさっと煮 あさりの佃煮入りおにぎり

“ おいしいね おいしいね ”の連発で・・・
はぁ~~おなかパンパン っていいながら別腹にコーヒー&クッキーもしっかりおさまり・・・

気がつけば広場は人で埋まり・・・
            _DSC135020345.jpg

12時のライブカメラの前のパフォーマンスにちょびっとお付き合いなんぞして・・・
            DSC1350206522.jpg



帰りはもう一度 来た道を・・・ 花が開いてることを期待してね。

    おぉぉ~ 朝よりは少しばかり開いておりまする。
             DSC1350206523.jpg
             DSC1350206531.jpg
             DSC1350206527.jpg

やっぱり欲をいえば・・
この表面が真っ白の迫力が欲しい・・・ なんてね 

もう一回来るかい

あぁ~ それにしてもなんとも嬉しげに写真ベタベタですこと



駐車場着13:45  登り2時間40分 下り1時間30分なり



ルネさん 帰ってシャワーしてドレスアップでディナーだって
お忙しい中 お付き合いありがとうね。
今日もとびっきり楽しかったよ~~~





  1. 2013/05/04(土) 09:23:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

コト

Author:コト
FC2ブログへようこそ!




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる