一歩一歩

山歩きを始めて1歩の力を実感です。 コツコツ、ぼちぼち、 努力、努力・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トホホ・・・

28(土)PCに不具合が起きまして、結局初期化。
29(日)ゼロから立ち上げまして、なんとか使えるようになりました。
って、私の力ではありませんが・・・

データを全部、全~部、ぜ~んぶ失ってしまったのが残念! 涙・涙・涙・・・

私が頑張ってたのは<うっかりママの家計簿> (2009.1)にPCが変わった時にもそれ以前のデータが消えがっかりでしたが 以来、既成の項目を私流に変えてかなりいい感じに充実してきてたんです・・・ 
またゼロから始めます。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/31(火) 10:46:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

涼を求めて・・・

     木梶三滝めぐり   2010.8.28(土)

            R001082813173.jpg

花ちゃんからメールがきました。 
“涼しげなところへ行こうよ 木梶三滝めぐりなんかどう?”
“いいね、いいね 高見山の麓のあたりだよね”
って相変らず軽いノリで・・・

ネット検索してみると・・・
綺麗な滝の写真 いいぞ、いいぞ。 
しかしレポを読むと三滝めぐれなかったとか、ルートがわかりにくいとか・・・
ありゃりゃ でも遊歩道って書いてあるよな~

定番メンバーツッチョ氏をお誘いしてみると
“3年前に行ったことありますが、ルートわからず撤退 リベンジに付き合います。”と
ありゃりゃ・・・・・・・・・



8:00名張某所にて花ちゃんと合流
“なんかあなどれないとこみたいよ ま、ああでもない、こうでもないって冒険楽しも

高見トンネルを出たところの駐車スペースでツッチョさんと合流
女二人ツッチョ号にのりこんで林道を下っていきます。
ここで私の駐車の仕方に眉をしかめるお二人
“なんかやたら堂々と停めてるねぇ もう少し隅っこがよくない?”
“あっちもこっちも看板あるし~ 狭いとこ苦手やし~ ここの方がかえって車上あらしの心配ないんちゃう?”(笑)



下った先には2.3台の駐車スペースありです。
標識に従って歩き始めます。
        R010828013176.jpg  R001081813178.jpg
               (9:38) 下る                     (9:46) 下る
        R001082813180.jpg  R001082813183.jpg
                (9:56) 下る               (9:59) この梯子グラグラ安定感なく・・
        R0010-82813184.jpg  R001082813188.jpg
         (10:00) おぉ~ 綺麗               (10:10) あら着いちゃったよ で、滝は?
不動滝ってあれかなぁ~?ってちょっとむこうに見えるけど・・・もう少し進んだら近くに行けるかも?
        R001082813189.jpg  R001082813190.jpg
        (10:10) えぇ~そんなとこ行くん?     (10:13)しまった さっきの所で写真撮るべきだったかな?
        R001082813195.jpg  R001082813196.jpg
        (10:17)何かわかります?二人大騒ぎしたのは言うまでもありません。ストックでトントンたたいて音だしても、石を投げて脅かしてみても逃げてくれないんでうちらが回り道を・・・ 5分以上の騒動劇
        R001082813197.jpg  R001082813198.jpg
        (10:23)道がわかりませ~ん            (10:32)ここ渡るんかなぁ~
ギャッ!またまた蛇!びっくらこいて尻もちをつく私 ビビる私 に 
“撤退しましょうかぁ~”
“撤退!? ちゅうことは さっきのところへまた? うぅ・・・・・・・ ”
“もう少し進んでみましょうか”
“はい!”
        R001082813199.jpg R001082813200.jpg
      (10:36)ロープが張ってあります。間違ってなかったね! (10:39)あらっ 着いちゃいましたよ~女滝

マムシ騒動で不動滝がふっとんじゃいましたね。


引き返さなくってよかった~~~ 美しい~~~
ちょっとおしとやかかな?
                    R001082813206.jpg
                           女滝 20M   と書いてあります。
             R001082813212.jpg  R001082813202.jpg
                     涼しいね 気持いいね~       来てよかったね

では 白滝を目指しましょうか。
女滝のすぐ横から激登りに突入 この道はハッキリわかります。
                R001082813215.jpg  R001082813216.jpg
ここを登っていく途中に展望か所が 3ヶ所あります。
あれが白滝やね~  40Mやて~
                   R001082813223.jpg
                     (11:15) 2番目の展望か所から撮ったものです。

林道まで上がってきました。 白滝の上部に行けそうです。
         R001082813226.jpg  R001082813227.jpg
                   (11:18)                         (11:23)
         R001082813229.jpg  R001082813233.jpg
             白滝の落ち口のようです。 が、 これ以上近づけません (ビビりです!)



せっかくだから綺麗なところで食事にしましょう。ってうろうろ歩きまわって選んだ大きな淵の大きな岩の上
                   R001082813252.jpg
                                    (12;28)

一見周回コースのようですが、案内図はそれぞれの滝に行って帰ってとあります。
遊歩道とはかけ離れてて、渡沢地けっこうあり! 渡りやすいとこ選んでたらあれれっ?
ハプニングもあり!で私的には結構ワイルド感もいっぱい。
でも終わってみれば “ちゃ~んと三滝めぐってますやん!”

水辺の涼しい風 インイオンもいっぱい浴びて満足・満足
同行ありがとうございました。



      出会ったお花
         R001082813241.jpg  R001082813277.jpg
                   カリガネソウ                      イワタバコ
  1. 2010/08/29(日) 10:49:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奈良交バスハイク

     前鬼裏行場     2010.8.21(土)

            奈良交通バスハイクツアー
                  橿原神宮駅前 出発8:10
                 参加者  44名

DSC1082104816s-.jpg

立山以来の久々の歩き・・・さてさて・・・



2台のバスは定刻(8:10)に橿原神宮駅前を出発 
R169を南下して杉の湯川上にてトイレ休憩ののち前鬼口を右折 
カーブ&カーブの林道をジックリと進み高度を上げて行く。<自分で運転してきたくはない道だな>

バスから降りてなお林道を歩くこと30分 前鬼のさと「小仲坊」に着く(11:30)
       DSC1082103897s-.jpg  DSC1082103909s-.jpg
ほとんど樹林の中 片や谷に切れ落ちる狭い道を慎重に歩く
そこそこのアップダウンであるが、全体的には下って行く感じが強い。それも激下り!
       DSC1082103921s-.jpg  DSC1082103927s-.jpg
大きな岩の間をぬい、登りして エメラルドグリーンの淵でしばし憩う(13:27)
ここは垢離取場(コリトリバ)というそうである。
       DSC1082103935s-.jpg  DSC1082103939s-.jpg
       DSC1082103981s-.jpg  DSC1082103949s-.jpg

この沢を渡って急な梯子を登って三重滝(ミカサネノタキ)へ向かいます。
      DSC1082103943s-.jpg  DSC1082103947s-.jpg



  三重滝(ミカサネノタキ)  <馬頭滝45M 千手滝50M 不動滝50M>  

                   私達が見てるこの滝は中の千手滝だそうな
                   これより上へも下へもキケンにつき近づかぬようにと
                    DSC03963s-.jpg

          DSC03962s-.jpg
                              (14:00)      

水量も多く迫力満点。
ついつい口走ってしまった! “赤目四十八滝総がかりでも負けるなぁ”
ハイ! それぞれによろしく・・・  競うものではありませんね!


来た道を帰ります。
下りが多かった分 帰りは登る、登る、登る・・・

小仲坊着(16:08)林道を30分歩いてバスへ。
小一時間走って下北山温泉『きなりの湯』で大汗を流したのであります。

何とも暑い1日でありました。
大体、雪の日でも汗をかく私めでありますから、大汗は元より覚悟!それなりの対策はこうじてありますが・・・
まぁ、過去最高の汗をかいたような気がします。

そして嬉しかったこと
“もしかして コトコトさん?”って声かけられちゃいました~
あらぁ~ こんなヘロヘロ、ヨタヨタ記録 見ててくれる人がいるんだぁ~
“この夏 記録参考にして奥さんと白馬に行ってきましたよ”
“そうですかぁ~ たぁ~っぷり時間かかってるところがいいでしょ!?”
“はい まぁ~” 
ハハ


きちんとしたレポはコトどんが・・・・・
ご期待ください。
  1. 2010/08/22(日) 10:28:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旧交旅行

  2010.8.13~8.16

             R001081313169s-.jpg

13日(金)から宇部~福岡~宇部と旧友・恩師に会いに・・・
姉・義兄に甘えに甘え・・・
羽根を伸ばしたいだけ伸ばして・・・
16日なんとかその伸びきった羽根を納めました。    



みどりの会  山口県立宇部高等学校1970年卒業生同期会         
                   2010.8.13(金)
                   於:宇部全日空ホテル 万葉の間

             DSC1081309691s-.jpg
     DSC1081309737s-.jpg  DSC1081309740s-.jpg

バンドを従えて元青年・乙女は熱唱
     DSC1081309715s-.jpg  DSC1081309724s-.jpg
     DSC1081309731s-.jpg  DSC1081309732s-.jpg
ちょっと自慢なんだけど・・・(笑)
その当時のコーラス部はNHK全国合唱コンクールの常連出場校でして、優勝した年もあるのです。
って私はコーラス部ではありませんが・・・

40年ぶりの方も沢山いらっしゃる。
おまけに男女共学校でありながら、男子クラス、女子クラスと別々の完璧男女隔離校なれば
男性で記憶のよみがえってくる方は小・中学校で同じクラスになったことのある方数名のみ。
名簿片手に一生懸命当時を思い起こす。

還暦も近くなった元少年・少女達も・・・
皆それぞれに立派な肩書と貫禄ぶり。しかし笑顔は昔のまま・・・




翌日は山陽小野田市にある書道研究玄游会本部に矢田桂雪先生に会いに行きます。
                 DSC1081409746s-.jpg

大学を卒業後ある先生に弟子入りしたのですが(学生時は特定の先生に師事してはいけないという規則がありまして) 
半年にもたたないうちにその先生から、
『破門状』 <今後あなたは山口県いや西日本では一切書活動はできません>なるものをもらって(理由はわかりませんが、思いあたる節としてはたぶん稽古を休みがちだったことかな?)
落ち込んでるときに 桂雪先生に“うちにいらっしゃい”と救っていただいたのです。

にもかかわらず2年と経たないうちに結婚で大阪に移り “通信教育で続けましょう”がだんだん尻切れになり・・・それこそ破門状が何十枚、何百枚、何千枚と届いてもおかしくない非礼の限りを尽くしての今日まで・・・
ずぅ~とそれがひっかかってたのです。

勿論そんなこと問題にする先生でないことはわかってましたが・・・
想いをきちんと言葉にして伝えることもできませんでしたが・・・
お会いできて、とても感激でした。
貴重なお時間をさいて頂いてありがとうございました。



そして午後には博多に向かいます。
大学時代の仲良し4人娘が友人宅に集まります。

                DSC1081409755s-.jpg

    DSC1081409759s-.jpg  DSC1081409765s-.jpg

“やぁ~元気やったぁ~”
“変らんねぇ~”  ・・いやいやすっかり立派な貫禄おばちゃん・・
“東京に帰る孫を博多まで送ってきたと~” って私をピックアップしてS邸に送ってくれた旦那さまはこれから一人熊本へ・・学生時からの知り合いです。遠慮はいりません。
“おばぁちゃんの介護ちゃぁんとすませて来たとよ~ 行かれんかと思ってたから 嬉しか~~”

昔書道ガールズ達のおしゃべりはとめどなく続く・・・

気分は少女時代 話題は現代ってのおもしろい。
普段連絡取り合ってるわけでもないのにそこはやっぱりツーカーの仲
飾ることもなければ、気取ることもいらない。
人生の中で何人か自分の一生に影響を与える人がいるもんだが、彼女らも間違いなくそうだ。
堅物のイモ姉ちゃんが、何かとカルチャーショックを受けたものだ。

翌早朝に“おばぁちゃんの朝の食事があるけん”と忙しい友を送り
熊本に帰る友と宇部に帰る私は博多へ
切符売り場で “ここで 一、二、三ってわかれようね!”っていいながらお互い目は真っ赤


今度会えるのはいつかなぁ。


 
  1. 2010/08/17(火) 00:57:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緑の草原

   曽爾高原    2010.8.8 (日)

DSC1080809668s-.jpg

   お山の空気をまぶしておにぎりをおいしくいただきましょう。




大阪の高校の剣道部が御杖村の三季館で強化合宿をしてるというのでまずは陣中見舞いに。
最初 軽く三峰山に登ろうという予定が なぜか曽爾高原に・・・
DSC1080809676s-.jpg

DSC1080809671s-.jpg
お亀池の湿原に咲く花々は今年は時期を逃してしまった。 が、オニユリや色んな花が迎えてくれる。

        DSC1080809672s-.jpg  DSC09675s-.jpg
                カワラナデシコ                         チダケサシ          
        DSC1080809678s-.jpg  DSC1080804764s-.jpg
                 オカトラノオ                     オオナンバンキセル

私の好きな曽爾の山々
    左から屏風岩 住塚山 国見山                鎧岳             兜岳

DSC1080809689s-.jpg

             DSC1080804754s-.jpg
               屏風岩をズームアップ
            DSC1080804792s-.jpg
             兜岳はこちら(曽爾高原)から見ると歯をむき出したエイリアンにみえるのです。


そして麓におりて反対側から見ると
            DSC1080804747s-.jpg
                          大タコとジョーズの対決か!? 


車で走ってても目を引き停めて写真を撮りたくなるお山ですが・・
“この山は見て楽しむ山よね”なぁんて・・・まだ登ってないんです。(笑)


曽爾高原といえば『ススキ』ですが この時期 緑のビロードにくるまれた姿もいいもんです。
そしてなんたって草原を渡る風で涼しいですよ~~~



               DSC1080804790s-.jpg
                      曽爾高原に行き先変更の訳はコレ!? 





   
  1. 2010/08/09(月) 11:02:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

炊飯器

金曜日の朝 突然炊飯器が壊れてしまった。98年製とあるので12年間の愛用かな?

いつも6時にセットして、炊きあがる頃起き出して弁当作りにとりかかる。
この日は5時50分頃 いつも早起きのダンナ様から起こされた。
“おい、変な臭いがしてるし、チリチリ音がしてるゾ”
確かに二階にまで 何か焼けただれたような異様な臭いが充満してる。
取り敢えずコンセントを抜いて蓋をあけてみると、ご飯はたけてるし、中身には別段異様な臭いもなし。
朝食もお弁当もセーフ。

午前中の仕事を終えて早速炊飯器を買いに走ろうとしたが、その前にメーカーに℡してみると
“事故の様子を検証するために引き取りたい。そしてその間不自由でしょうから替わりの炊飯器を送ります”と とても丁寧な対応。
“土曜日は出かけますし、新しいのを買います”と辞退すると“宅急便の最終便ではいけませんか?”

そして金曜の夜から麺類ずくしでしのぎ 昨夜 ピカピカの炊飯器が届きました。
なかなかいい感じです。

こうなってみると
このお釜 このままうちの子になれるのかしらん? それとも返すのかしらん?
と新たな虫のいい心配。 (笑)
  1. 2010/08/09(月) 00:13:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毎日書道展 ー関西展ー

  毎日書道展 関西展    2010.8.7(土)
          於; 京都美術館

             DSC1080709617s-.jpg


自分一人だと思うだけでなかなかお尻の上がらないワタシ
某ブログを見てて“7日に毎日展見に行きます”とある。
すわっ 私も! というで訳珍しく即決。

しかし前日は炊飯器事件あり、プチ食中毒事件ありで少々危うさも漂いましたが・・・




名張から京都まで特急で約1時間半 京都駅から京都美術館までバス利用でほぼ1時間かかってしまった。
バス乗り場までウロウロ、そしてバスはといえば信号・バス停とこきざみに止まり・・・

無事華園さんと会えてホッ! 


展示は3会場ありまして こちらは第3会場(みやこめっせ)
             DSC1080709620s-.jpg
             
DSC1080709619s-.jpg
             DSC1080709623s-.jpg

                  DSC1080709613s-.jpg 
                             西嶋華園さんの作品
                  DSC1080709622s-.jpg
                             中村汀花さんの作品

だいたいおしゃべりなんて厳禁の会場で・・・
2か月ぶりに会った二人には沈黙なんて無理なはなし・・・
人目を避けて 尻切れトンボのおしゃべりは続き・・・
あっというまにお昼・・・


午後からは高校生によるパフォーマンスあり
                  DSC1080709627s-.jpg
                  DSC1080709628s-.jpg
会場に来ていらした方の飛び入りパフォーマンスあり
                  DSC1080709631s-.jpg
                  ピンクの服の先生が書かれた『山』を書いてます。外国の方です。
                  DSC1080709633s-.jpg
                  同じく『山』子供さん抱いて書いてます。こちらも外国の方

先生方の席上揮毫
                  DSC1080709641s-.jpg
                  DSC1080709653s-.jpg
                  DSC1080709662s-.jpg
                  DSC1080709664s-.jpg
                  DSC1080709666s-.jpg
                      5名の先生方が3~4作ずつ書かれました。



そうそうワークショップなるものにも参加しました。(初体験)
帰りは京阪三条駅まで送ってもらって来た電車に乗ったらこれが、とびきり連絡がよくて1時間半で名張着
京阪三条~丹波橋(京阪電車)・丹波橋~名張(近鉄)

楽しくてととっても有意義な1日でありました。
尻切れトンボっていうか、支離滅裂っていうか、あっち飛びこっち飛びのおしゃべり・・・ふふふ

お付き合いありがとうございました。
  1. 2010/08/08(日) 11:38:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

立山まったりテン泊記  №1

   立山 <1日目>      2010.7.31(土)

DSC1073103302s-.jpg
 ここ一番と覚悟の重いザックを背負って エッサワッサと歩くこと1時間 着いたテン場雷鳥沢はこれこの通り



30日
13:55家出発―新名神甲南IC―草津JC―米原JC―小矢部砺波―立山とスイスイ走って立山駅前駐車地を確保19:34  走行距離393.8キロ 高速料金7000円也

       DSC1073003239s-.jpg  DSC1073003242s-.jpg
                  (18:30)                         (19:55)
雨は降った形跡あるも 雲間にお月さんもチラチラ
駅前を軽く散策するも人気もなく真っ暗 
軽く缶ビールで今日の無事を祝し途中で買い込んだお弁当をパクつき、明日からのお天気を願って車中泊の人となる。
何度か目覚めるもその間グッスリ感 よしよし

31日 室堂 に向けて出~発
      DSC1073103253s-.jpg  DSC1073103258s-.jpg
                  (6:39)                          (6:44)
前回の5月、9月に比べれば人が少ない。大きなザックも手に持って乗りなさいと言う。
お陰で運転席の横に乗ることができたのだ。

美女平からのバスドライブは全くガスの中・・・
そうそう今回おもしろかったのは、荷物を別便トラックが運んだのだ。


さぁ 歩きますわよ!
      DSC1073103271s-.jpg  DSC1073103295s-.jpg
                  (8:14)                          (9:04)
テント装備一式はダンナ様のザックの中で、私のザックの中はシュラフがいつもよりかさばってるだけ。それと食糧担当。
上で買えばいいからというダンナ様の言いつけにそむいて、カチンカチンに凍らせた缶ビア6本とポカリ1Lをねじ込んである。(これはお肉等生ものの保冷剤の役目をする)

重い!肩に食い込むように重い! でも弱音ははかないゾ!!
倹約主婦は歯をくいしばってガンバルのだ!
い、いち時間の辛抱なのだ!!


豪邸完成!
      DSC1073103303s-.jpg  DSC1073103306s-.jpg
                  (9:55)                          (10:25)




室堂散策にでかけます。
来る途中見かけた沢山のお花の撮影に・・・
       DSC1073109425s-.jpg  DSC1073109436s-.jpg
       DSC1073109433s-.jpg  DSC1073109430s-.jpg
       DSC1073109458s-.jpg  DSC1073109445s-.jpg
       DSC1073109469s-.jpg  DSC1073109472s-.jpg
       DSC1073109465s-.jpg  DSC1073109486s-.jpg
       DSC1073109476s-.jpg  DSC1073109477s-.jpg


ヤマガラシ(これから) イワカガミ(今さかり) ヤマハハコ(これから) ヨツバシオガマ(ポツポツ)タテヤマリンドウ(希少) マイヅルソウ(これのみ) ハクサンシャクナゲ ゴゼンタチバナ(咲き残りか? これのみ)) エゾシオガマ ミヤマダイモンジソウ ウサギギク カンチコウゾリナ

まだまだ沢山ありましたが名前の判別のつかないものはちょいとご勘弁を・・・
特に黄色系はね(m..m)

霧が晴れて立山連山がミドリが池に姿を映します。
やった~~ これでお天気は回復する! とその時は信じたのだ。
              DSC1073109482s-.jpg
                                  (12:43)



浄土山の方へ行ってみようか

        DSC1073109496s-.jpg  DSC1073109502s-.jpg

こちらがまたお花畑なのだ。しかし登山道からでは撮影は限られる。
        DSC1073109523s-.jpg  DSC1073109525s-.jpg
        DSC1073109491s-.jpg  DSC1073109528s-.jpg
        DSC1073109493s-.jpg  DSC1073109520s-.jpg
        DSC1073109559s-.jpg  DSC1073109543s-.jpg
アオノツガザクラ  コシジオウレン  ミヤマキンバイ  ツガザクラ  ハクサンイチゲ ベニバナイチゴ  ミヤマホツツジ  ミヤマリンドウ



岩場あり雪渓ありでまだまだ先が気になるところですが、進む程に霧は厚くたれこみ視界はきかなくなるり、雨になりそうな気配なので引きあげます。
        DSC1073109529s-.jpg  DSC1073109532s-.jpg
                   (13:51)                         (14:19)

帰るとなるとスタスタ早いコトどん
どんどん置いてかれますが花が私を呼びとめる。
      DSC1073109541s-.jpg  DSC1073109536s-.jpg  DSC1073109554s-.jpg
遠いのをズームで撮ってみたけど、蕾なのか咲き終わりなのかもわからない。けどこれまで見たことないお花のようだ。右端はテガタチドリかも?
スクープ写真ゲットの気分

テン場に帰ってきました。
            DSC09568s-.jpg
                                 (15:27)


温泉に行って 食事をしたらあとは寝るだけ~~~
でもね、ここではトイレに行ったり、温泉に行ったり、洗い物にいったりが、 一つ一つお仕事なのです。
そして 食事もね!
                DSC1073103408s-.jpg


[立山まったりテン泊記  №1]の続きを読む
  1. 2010/08/01(日) 15:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

コト

Author:コト
FC2ブログへようこそ!




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。