一歩一歩

山歩きを始めて1歩の力を実感です。 コツコツ、ぼちぼち、 努力、努力・・・

鳥見山キャンプ

2009.9.27(土)-28(日)

      鳥見山公園 宴会キャンプ

DSC0992706232s-.jpg
                   朝靄に包まれた宇陀の風景  (2009.9.28朝)


4月から異動により新職場での激務と5万坪の庭園管理に山どころではないoyajiさんがキャンプの企画を。
久々のご尊顔を拝すべく 参加させて頂きました。 (兼;メタボ具合チェック!?) ・・笑・・


シェルパ熊さんの沢山のmixiお仲間とお会いできて それはにぎにぎしく、熱い方達との1夜でありました。




鳥見山公園の一角
オートキャンプ場ではありませんが、流し場・トイレ・ベンチ完備 
展望台が随所にあり そのどこからも素晴らしいロケーションであります。

4時過ぎに(公園への入り口を見逃して行ったり来たり)着くと すっかり会場設営完了でした。


おかんさんのブログでおなじみの夕暮れの空を見にいきます。
DSC0992606190s-.jpg
DSC0992606189s-.jpg
                (18:07)



時間を追うごとに続々と駆け付ける山友達
総勢20名ちかくの人々が持ち寄った食材の量・種類のすごいこと
山の話から人生哲学まで 話題は尽きることなく宴は日付が変わっても延々と続きます。

ごくごく一部をご紹介 (多すぎて・・食すのに忙しくて・・画像がないの m..m )
DSC0992606194s-.jpg  DSC0992606197s-.jpg
    oyajiさんち自家製の炭もおこり                    焼き肉
DSC0992606195s-.jpg  DSC0992605474s-.jpg
  とり鍋(なんとお鍋2杯分ですゾ)     おでん(せっかく用意の牛スジはおうちでお留守番!笑)

エキサイトちびっ子達
DSC0992605479s-.jpg  DSC0992605489s-.jpg
                 若いお兄ちゃんおねえちゃん頑張る!



明けて27日
DSC0992706227s-.jpg
                   (6:41)



皆さん 早くからそれぞれの目的地にむかって出発です。
最後にシェルパ熊隊を見送って
DSC0992606268s-.jpg
               (8:50)




後片付けを済ませて
さぁ “軽~るく 山登りましょうかぁ~” (9:06)

まず見晴台からの展望を楽しんで (9:14)
DSC0992705518-g3s-.jpg

スイスイ歩けば 
DSC0992705524s-.jpg
間もなく山頂 (9:30) 展望はありません。
DSC0992705527s-.jpg
水分補給したら次へ行きましょう!
DSC0992705541s-.jpg
いったん下って、笹を掻き分け掻き分け急な登りを制しますと
DSC0992705551s-.jpg
貝が平山 山頂 (10:20)
ここも展望はありませんが1時間半で 2座制覇!!!

[ ここでoyajiさんのウンチク ]
・・・このあたりはその昔 海でありましてその証拠に貝の化石が出る よって貝が平山という・・・
ホンマかぁ~~~?

では来た道を帰りましょう。

コトさぁ~ん これ!コレ!
DSC0992705566s-.jpg  DSC0992705564s-.jpg
           ホラね!                        貝でしょ!!

う~~~ム  ホラではなかった!!!


このところ 和佐又、立山でと場を踏んで ちょこっとテント泊が板についてきたコト家
oyajiさん企画に すわ~っと参加表明したものの
前日に参加総人数を聞いてびっくり! 少々ビビリましたが・・・
それはそれは楽しい宴の時でありました。

ご一緒していただいた皆様 ありがとうございました。

DSC0992706246s-.jpg
あれから3週間 ここの紅葉も進んでるのではないでしょうか
遅いUPで失礼いたしました~


<おまけ>
DSC0992706254s-.jpg
      きゃあ~~ おいしそ~~~

このホットサンド器 前夜〇王さんが わざわざ届けてくれました~~
もの凄いフラッシュの砲列が怖かったとか・・・
美人のセンユーさんに向けられたものですのでお間違いなく。 (笑)





スポンサーサイト
  1. 2009/09/28(月) 11:55:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

立山テン泊記 №3

2009.9.21(月)  <3日目>

DSC0992108265s-.jpg
                別山の手前から望む剱岳      (8:47)




雷鳥沢で2日目の朝を迎えた。
前夜は8時には眠りについたと思う。風もなく星のまたたく穏やかな夜だった。
何度となく目覚めるがまたすぐ眠りに落ちる。ぐっすり眠れたほうだろう。
5時を待ってテントの外へ出てみると、すでにヘッ電をつけて行軍が始まっている。
朝に弱い私にもさすがにスイッチが入る。




6:10 出発
今日は雷鳥坂を登り剱御前小舎へ、そして別山、真砂岳、富士ノ折立、大汝山、雄山へと縦走です。
         DSC0992106052s-.jpg
まだ陽が昇りきってないけれど朝露に濡れたナナカマドの紅がくっきりとみずみずしい。

         DSC0992106054s-.jpg
          朝陽がさしてきた 真砂岳あたりからだろうか。    (6:54)
         DSC0992106060s-.jpg
          テン場にもようやく陽が当ってるがなんともちっちゃいね。
       私達を室堂まで運んでくれる立山道路、立山高原ホテルも見えている (7:25)

う~~む どこを、どの方向をみても素晴らしい!大パンノラマのオンパレードだ!
今日も最高の天気だ!!


振り返れば常に剱岳が・・・・  あぁ~はぁ~~うぅ~~~
それでは剱岳三昧を~~~
DSC0992108232s-.jpg
              (7:46)   剱御前小舎から
DSC0992108248s-.jpg
              (8:10)  剱御前 <2776M> から   
DSC0992108271s-.jpg
              (8:51)  別山の手前から
DSC0992108277s-.jpg
              (9:13)  別山 <2874M> から
DSC0992108319s-.jpg
              (10:27) 真砂岳 <2861M> から
DSC0992108370s-.jpg
              (12:01) 富士ノ折立<2999M>&剱岳<2999M>

何度、何処からみてもかっこいいです!
見るだけで充分感激の山やっ!!!   ・・・???・・・

振り返ってばかりいないで・・・
前を向いて歩きましょう
         DSC0992105151s-.jpg
                  めざすは別山  (8:43)
っていいながら早速振り返ってますが・・
         DSC0992105158s-.jpg
          昨日歩いた奥大日への道が見えて嬉し (8:57)
別山近づく
         DSC0992105160s-.jpg
            下に巻き道もついています。 (8:59)
         DSC0992105168s-.jpg
        別山々頂の小さなお社  感謝の意を込めお賽銭張りこむ(9:11)
真砂岳めざします
         DSC0992105178s-.jpg
           登りのあとはやっぱり下り           (9:23)
         DSC0992105179s-.jpg
          激下り 高度感バッチリ                 (9:25)

         DSC0992105216s-.jpg
                   真砂岳     (10:26)
 360度の大展望(ここに限らずどこでもですが) 早い昼食を取りながら50分もの長居をしてしまいました。

富士ノ折立に向かいます(11:15)
         DSC0992105227s-.jpg
         DSC0992105272s-.jpg
           また後ろ振り返ってます(笑) (11:29)  
         DSC0992105284s-.jpg
                        (11:52)
      なんのことはない。私がいつも遅れてはるか後方を歩いてるだけなんですねぇ。
         DSC0992105288s-.jpg
                   富士ノ折立  (11:54)
            大事を(何の?)取ってこの上には上がりません。
大汝山に向かいます。
         DSC0992105301s-.jpg
           富士ノ折立あたりからずっとこんな岩道です (12:05)
雄山へ向かいます
         DSC0992105315s-.jpg
                       (12:36)
         DSC0992106145s-.jpg
       祝詞がすーっと体中に浸みわたってありがた~い気分です(13:06)
         DSC0992106154s-.jpg
               ここからの展望も凄いです! (13:13)


では降りるとしましょう(13:20)
激下りです。
         DSC0992105343s-.jpg 
       神妙に下る。 空がきれいですが空まで見てる余裕はありません(13:22)
         DSC0992105350s-.jpg
          登る人、下る人 まだまだ沢山の人・人・人・・・ (13:30)
         DSC0992105365s-.jpg
          アッという間にこんなシーンも (13:58)
         DSC0992105366s-.jpg
           一ノ越山荘が見えてきました (14:02)
         DSC0992105370s-.jpg
            しかしまだまだ激下りは続き (14:05)
         DSC0992105374s-.jpg
  一ノ越に降り切った時には降り始めてから1時間もかかってたのでした。(14:19)

しかし・・・私の膝よぉく頑張りましたよ~~~
大普賢に登った時の感触では岩の道はまだ無理っぽい感じだったのですが。

誰だったかナ “お昼前に降りて時間があったので黒部ダムまで行って来た” という人がありましたけどね。

って 感慨に浸る間もなく・・・
さぁテン場へ
お風呂は5時までですよ。 急げ~~~ってもう足ヘロヘロですがねぇ・・・
      DSC0992105397s-.jpg
                          (15:17)
          DSC0992105398s-.jpg
                         (15:32)
          DSC0992105402s-.jpg
                         (15:47)

                     
  1. 2009/09/25(金) 16:25:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

立山テン泊記 №2

2009.9.20(日) <2日目>


        DSC0992004957s-.jpg
                           ~~剱岳~~




初の車中泊は 夜中に1.2度目覚めるもののなかなかいい感じで進行 快晴の夜明けを迎えます。
回りではまだ暗き5時前から駅へ向かっていらっしゃいます。
ハイ コト家はもう切符がとれてるんでゆっく~り支度です。
焦るとなにかと失敗の多い私にはとってもありがたいことです。
って せっかちな方が側で早々と身支度完了ですが・・・

ケーブル、バスを乗り継いで8時過ぎ室堂着

またやって来ましたよ~~~ 
        DSC0992004830s-.jpg
             5月は白一色の世界だったのに  今日はこんなにカラフル
        DSC0992004838s-.jpg
                    ミクリガ池も深いグリーンでお迎え
    DSC0992004849s-.jpg  DSC0992004846s-.jpg
    整備された階段道テン場までほとんど下り道       真っ赤に染まったチングルマ

         DSC0992004856s-.jpg
          右手にず~っと立山三山がデーンと
         DSC0992004860s-.jpg
          左手に地獄谷  イオウの臭いがけっこう厳しい
         DSC0992004868s-.jpg
         雷鳥沢ヒュッテ前の斜面真っ赤! 5月にはここ雪の斜面をダーっと下ったのです。
         DSC0992004870s-.jpg
            すでにダンナさんテン場に到着  私 まだこの上の方歩いてます。

    DSC0992005946s-.jpg  DSC0992005959s-.jpg
            我が家完成                  ちょっと早い昼食(おうどん)

今回主食(炭水化物)はダンナさま厳選  副食は私担当
重くなるからとなかなかチェックが厳しいのですが、食べ物は山での楽しみの重大要素ですもんねぇ~~
テン場まで1時間の辛抱やし、帰りには軽くなるんやし・・・
倹約家の主婦 頑張る!

・ キャベツをきざんでチャックシールにいれ軽く塩をふったもの
・ 玉ねぎとインゲン、薄揚げをきざんでチャックシールに(これも軽く塩)
・ しいたけとニンジンを甘辛く煮込んだもの
なかなか重宝しました。

それでは出かけましょうか (11:26)
         DSC0992005960s-.jpg
               サブザックに飲み物とリンゴ、クッキーを入れて・・・
         DSC0992005963s-.jpg
                この橋 中の2本の木がぶよぶよしてるよ~
         DSC0992005968s-.jpg
              あぁ~あぁ~~~お花の時期はさぞかし!!!
         DSC0992005974s-.jpg
             今日はこの紅葉に大満足! (11:44)
         DSC0992005976s-.jpg
            登ってきました~  新室堂乗越まであと少し かな?  (11:52)
         DSC0992005979s-.jpg
            くっきり青空に映える・・・     (11:59)
         DSC0992005980s-.jpg
            真っ赤なナナカマドにくっきり奥大日岳(と思ってた)  (12:02)
         DSC0992005988s-.jpg
            日本海も見えてます~♪  (12:17)
         DSC0992005997s-.jpg
            室堂乗越からの剱岳~♪       (12:24)
         DSC0992004957s-.jpg
            奥大日岳に近づいてきました またまた剱岳   (12:51) 
         DSC0992004964s-.jpg
             振り向けば弥陀ヶ原~♪  (12:52)
         DSC0992004971s-.jpg
           めざす奥大日岳 歩く程に逃げていく感じです。 (13:07)
すれ違った人に頂上までどのくらいか聞いてみるとまだ50分はかかるだろうと。
今後ろに見えてるピークは奥大日岳ではないらしい。 ガクッ 
ここまで充分すぎる程堪能しましたし今日はこれまで ということに
         DSC0992006004s-.jpg
        正面の剱岳を見ながらくつろぎタイム  リンゴのお味も数倍格上げ! (13:13)

来た道をもう一度景色を楽しみながら帰ったのでありました。
         DSC0992004992s-.jpg
              ややっ! 弥陀ヶ原のむこうがすっぽり雲の中 (13:29)
         DSC0992005001s-.jpg
                        オヤマリンドウ  (13:48)

惜しむように景色を楽しみながら ゆっくりゆっくり帰ってきました。 (14:52)
         DSC0992005014s-.jpg


雷鳥沢ヒュッテの温泉に入り しっかり足のマッサージをして、テントに戻って早い夕食です。  
まずは今日の素晴らしい1日に 乾杯~!
まだまだザックを担いだ人達が沢山横を通りすぎていきます。
臭いをふりまきながら二人でささやかに宴会


    DSC0992005061s-.jpg  DSC0992005060s-.jpg
              届かなかった奥大日岳方向に日が沈みます (17:34) 

なんと 6時すぎにはテントの中の人でありました。


な~んか やたらめったらペタペタ写真貼っちゃいました~~~ (笑)  
  1. 2009/09/24(木) 14:11:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

立山tテン泊記

紅葉進行中!

DSC0992004863s-.jpg

5月の連休に単独行さんにご同行頂いて色々テン泊の指南を受けたコト家
今回 師匠の手を離れて二人で行ってきました~~~



2009.9.19 (土)  <1日目>

家出発10:30 名阪国道、東名阪と順調に進み東海北陸自動車道へ入ります。

始めのうちはスイスイ進んでましたが突如渋滞 2車線から1車線になるための渋滞のようでした。 
ノロノロ進んでやっと進みだした~と喜んでると前方のトラックの様子が怪しい。
“ あの車おかしいね ” と言ってるうちに道の真ん中で止まってしまった!

    DSC0991904775s-.jpg  DSC0991904777s-.jpg
 左に寄ってくれたら通れるのにね~何してるんだろ!?        後ろもずら~~~

10分の滞留でやっと通過 (13:50-14:02)
その後 トンネル、トンネル、トンネル・・・それも片側1車線が延々と続き緊張しっぱなし!!
最初のSAにすかさず飛び込んだのはいうまでもありません。

    DSC0991904783s-.jpg  DSC0991904784s-.jpg
              城端SA                     コロッケおいしかった~

間もなく北陸道へ入ってからは運転し易い道でスイスイス~イ
無事立山駅前駐車場着 (17:30)

駅前を覗いてみると 沢山の人の行列が・・・
    DSC0991904796s-.jpg  DSC0991904797s-.jpg
       前売券販売(16:00~18:00)              7:00発の切符ゲット!

そして ビールで乾杯!
途中で買い込んだお弁当をパクついて 早々とおやすみなさ~い

コト家初の車中泊
普段私には大き過ぎる車 こういう日を想定して選んだ車でありますが、購入4年目にしてやっと、やっとのデビューでありました。(笑)



  1. 2009/09/23(水) 16:15:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

奈良交通バスハイク

 大普賢岳にご挨拶
         先週のお礼を言ってきました。

      DSC0991308059s-.jpg
                          和佐又山から望む



   奈交バスハイク  
     伯母峰~和佐又山  2009.9.13(日)


このところ私が高いお山に行きたがらなかったので、コトどん単独で奈良交通のバスハイクにはまってはります。
今回も単独の申し込み(予定日12日)でしたが 
金曜日(11日)に “雨予報なので13日に変更します” との連絡があり
その連絡を受けた私はすかさず “急な飛び入り参加できますか?”  “ ハイ どうぞどうぞ ”  
急遽飛び入りでくっついて行くことになりました。




近鉄橿原神宮駅前広場から出発 8:30 バス2台 参加者24名 添乗者6名
バスR169号を走り、大台ケ原ドライヴエーに入ります。

バスはここで停車 (なぁ~んだ いつも通ってる大普賢岳が見えだすところですやんか)       
       DSC0991304655s-.jpg
                     トイレもあります。

10:30 出発
       DSC0991304661s-.jpg
すぐにこんな急な階段があります。 傾斜60°位ありそう!? 
何段か数えてましたが・・・ 途中でとんじゃいました
       DSC0991304668s-.jpg
階段をあがったら尾根道に
右植林帯は川上村 左自然林は上北山村 村界だそうです。

展望地で最初の休憩 11:25
       DSC0991304679s-.jpg
                       右端大普賢岳
       DSC0991304682s-.jpg
                 すぐ前に和佐又山 ヒュッテも見えてます
       DSC0991304684s-.jpg
                      大台ケ原の西方向

 DSC0991304690s-.jpg  DSC0991304694s-.jpg

        アケボノソウ大発見               どんぐり 不熟につき・・・

隊列再び 11:35
       DSC0991304692s-.jpg
             尾根を外れたところを歩きます。(テープあり)
昼食地 11:47
       DSC0991304698s-.jpg
DSC0991304702s-.jpg DSC0991304703s-.jpg
            コトどん作               アユの唐揚(道の駅にて300円也)
              DSC0991304704s-.jpg
                キハダの木の皮  なめてみると苦い
                   陀羅尼助の原料だそうです
              DSC0991304708s-.jpg
隊列開始 12:20
        DSC0991304711s-.jpg
                       下りです
        DSC0991304714s-.jpg
           ちょっと激下り  隊列バラけています (12:40)
             DSC0991304717s-.jpg
                     分岐 (12:41)
       DSC0991304719s-.jpg
                雰囲気が変わってきましたよ
       DSC0991304726s-.jpg
       苔生した大きな岩の山が美しい  この下を巻くように歩きます
       DSC0991304731s-.jpg
     これって大峰の雰囲気なんかなぁ・・・?なんて言いながら(13:00)

最後にひと登り登りかえすと 着いたところは見返り台地だった。(13:27)
この見返り台地の名初めて知りました。(よく見たら案内書にちゃんと書いてありますのにねぇ)
  DSC0991304742s-.jpg
たっぷりの休憩時間 それぞれ思い思いに写真を撮ったりしてくつろぎます。
この頃にになると同行の方とちょっとした共有感が生まれるのか会話もあり和やかです。
  DSC0991304746s-.jpg
    大普賢岳にご挨拶  先週はあの頂きに立てたんですよねぇ(ウルウル)
  DSC0991304749s-.jpg
大台ヶ原ドライブウエーもよく見えてます。(あのあたりから歩いてきたんですねぇ ウルウル)

もう一度隊列をくんで (13:35)
       DSC0991304751s-.jpg
                  和佐又のコル(13:49)
       DSC0991304755s-.jpg
                和佐又山 山頂(14:06)を踏んで 
和佐又山ヒュッテに到着(14:21)
       DSC0991304759s-.jpg
       DSC0991304760s-.jpg
         ワンちゃんもお迎えしてくれて お疲れさまでした~~~

お迎えのバスに乗り込んで・・・(15:15)出発 



歩行時間 4時間弱 とても歩き易い道が選ばれており、重量感も私にはGOOD(ガンガン歩きの方には・・・・?) 樹林帯の中の歩きが多く展望地は見返り台地までは1か所 
時折垣間見える普賢岳と和佐又山が次なる意欲を誘います。
私にしては珍しく隊列を乱すことなく、サクサク歩いてきたのでありました。

今回先頭をきって案内していただいた方は奈良交通東吉野営業所の所長さんとか
添乗の方々も地元の方で 知識話題も豊富
参加者もどうやらリピーターの方が多いようでアッとホームな感じを受けました。
帰りのバスの中では “次は何処に・・・”と盛り上がってました。 
紅葉の釈迦が岳が人気のようです。

人気のヒミツはこの所長さんのお人柄のようですね。
  1. 2009/09/16(水) 09:10:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

体力度☆☆☆・危険度★★★

 大普賢岳 (1779.9M)    2009・9・6 (日)

        DSC0990505821s-.jpg
                   大台ケ原方から朝陽が昇る~~~




前夜は野外の夜をさんざん楽しみ、片づけもしっかりしてテントに入ったのは9時
寝付いたのは9時半ころだろうか
12時前に1度目を覚ました(相方がトイレへ)がその後はどうやらグッスリ
目覚めたのは5時 アチャー 寝過した!!!
でもぐっすり眠れたことが嬉しい!! これで私もテン泊体得か!?

トイレへ行くと 大台ケ原の方が赤く染まりかけている。
夜明け前のショーが始まりそうだ。
せっかくテン泊したからにはこれをはずす訳にはいかない!ね。

ってことでどっぷり夜明け前のショーに浸ることに・・・
            DSC0990505788s-.jpg
                              5:12
            DSC0990505797s-.jpg
                              5:23
            DSC0990505814s-.jpg
                              5:40
            DSC0990505822s-.jpg
                              5:43
かくして30分間のショーは終わり・・・

早立ちを予定してた軟弱夫婦  かくなるうえは “ ゆっくりしよう ” って暗黙の了解か!?
ゆっくり食事をしていると・・・・


サプライズ!さぷらいず!!
なんと逆光の中に浮かぶシルエットがずんずんこちらに近づいてきます。

“ ル、ルネさん!!! ”
涙出そうなほど びっくり そして嬉しくて・・・

携帯圏外で連絡取れぬなか 私達の出発時間を気にしながらご主人に送ってきてもらったそうな。
う~~~ん なんともはや・・・ (低頭)
うちらがグズグズしててよかったんや~~~ 

この春から眼の調子を悪くされ、車の運転は勿論のこと外を歩くことさえままならぬ生活を、きつい副作用の伴う治療を克服され 今 ちょっと調子がいいのだと。でもこの調子の良さはいつまでもつのか・・・? 保障はないんですって 
そんな中で ただひたすら私に会いたいがために・・・!? ありがとう!!
( ちゃうか!?)


           DSC0990504509s-.jpg

そっから慌ただしかったこと!
でもお化粧するまできっちり待って頂きました~~~(笑)


では 参りましょうか~(7:30)
           DSC0990504512s-.jpg
                    快晴です!  ルンルンです!
           DSC0990504519s-.jpg
                    青空です!
           DSC0990504518s-.jpg
           DSC0990504521s-.jpg
           DSC0990504522s-.jpg
                            8:30
ここを過ぎるとだんだん道が厳しくなります。
よって画像がありません。
           DSC0990504543s-.jpg
        石の鼻の岩の上にもなんとか立つととができました。(最近岩の上が苦手な私)
           DSC0990504541s-.jpg
                 もう今日は これでいいやぁ~~~(9:04)

って言いながら やっぱり前へ進みます。
ここで出会ったルネさんのお友達とも同行となります。(あまりにものへっぴり腰に捨て置けなくなられたようです)
           DSC0990504634s-.jpg

段差のきつい岩場 鉄梯子 鎖場 
ついて出てくる言葉は “どっこらせ!よっこらせ!わっこらせ!”掛け声なしには体が上がりません。
弱った膝のせいよりも どうやら無節操な体重増のせいか!? <反省>

           DSC0990504550s-.jpg
           でもねぇ~~~ こんな展望が迎えてくれるんですよぉ~~~

           DSC0990504577s-.jpg
                  山頂にて めでたく記念撮影(10:30)

DSC0990504559-g2s-.jpg                                          10:35
ではもう少し眺め のいいところへ進みましょう
           DSC0990504594s-.jpg
                          10:57
           DSC0990504604s-.jpg
                          11:12
      DSC0990504606s-.jpg
                            11:40
      DSC0990504621s-.jpg
                           12:06

今日は(秘かに)大普賢~七曜岳~無双洞 周回コースを行きたいとねらってたのですが・・・
“もうこの景色の中でゆっくり癒されましょう”ということに
なんと1時間半ものくつろぎタイムでした。
なごり惜しくも下山開始 (12:20)

キャンプ地に帰ってみると我が家のテントと車のみ (15:00)
最後までエスコートして頂いたハゲ太郎さんとここでお別れです。
どうもありがとうございました。

テントを片づけてる間にルネさんにコーヒーを入れていただき
              DSC0990504649s-.jpg
今日のサプライズに始まった素敵な1日をコーヒーで乾杯!
そしておしゃべりは尽きることなく迫りくる別れを惜しんだのでありました。

なぁ~んて まだまだ榛原までおしゃべりは続くのですが・・・


私の膝ですが・・・
ご心配おかけしましたが かなり <大丈夫>です。
段差のきついところ、特に下りは慎重を要しますんで 人さまよりうんと時間はかかります。
時間さえかければ・・・一歩一歩ととなえながらなら・・・

また皆さんとワイワイガヤガヤの山行きの日を楽しみにしてます。
それまで もちょっと精進、精進
  1. 2009/09/11(金) 16:38:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

キャンプだ~~~

和佐又にて   2009.9.5(土)

   軟弱コトコト夫婦 師匠の後ろ盾なしで初のキャンプ&登山
   天気 晴れ 風なし 気温25℃ 最高のコンディション

            和佐又キャンプ

事前の準備バッチリのハズ!にもかかわらず忘れ物を思い出して引き返したりして(ヤレヤレ)和佐又に着いたのはもうお昼 
ヒュッテにて手続き 駐車料1050円 テン場代2人分1260円也 
<岐阜ナンバー>の車1台が目をひきます。
早速テントを張り昼食 すでに数組のカラフルテントが。
和佐又でのテント泊は2度目 
前回は単独行さん企画で総勢7名 にぎにぎしくコト家のテントデビューを祝って頂いたのでした。


食後の散歩に和佐又山へ登り ゆったりお山の空気を吸って幸せタイム

            DSC0990504416s-.jpg



15時半ごろ かねてより羨望の眼でブログを読み逃げしてばかりのジオンさん御一行登場

我々の和佐又キャンプの情報キャッチのジオンさんから前々日に
「4時に○垣を出発して大普賢岳~無双洞周回の予定です。会えるといいねー」とメールを頂き 是非お会いしたいと楽しみにしていました。 
和佐又山に行ってる間にすれ違わなければいいが・・・とヒヤヒヤ

   和佐又ヒュッテに着いたとき目を引いた岐阜ナンバーの車 
            DSC0990504428s-.jpg
   失礼!とは思いつつ ちょっくら覗かせていただくと 
   「女性3人 8:00 大~一周」 とカードが置かれてる この車やね!

なんと健脚オバンモトイ熟女達
かなりハードな行程をこなしてきたハズ(!?)にもかかわらず すっきりさわやか笑顔でご登場です。
久々の再会を喜びあい しばしコーヒーブレイク 
某ブログでいつもしゃれたコメントをされてて “是非 一度お会いしてみたい~~ ” と思ってたお方にも会えました。
 <永遠の女学生> “ うんうん なるほど。。。 ”
次回お会いする時にはぜひ 三編みのおさげを・・・ね。

            DSC0990504433s-.jpg
おしゃべりは尽きないところですが、後ろ髪をひかれる思いで さよなら~~
<天狗の末裔>ご一行はあわただしく去って行ったのでありました。



そして夜のお楽しみは
    DSC0990505759s-.jpg  DSC0990504454s-.jpg
           コト家といえば・・・               ちびりちびりとお〇のあてには・・・
    DSC0990504446s-.jpg  DSC0990504461s-.jpg
お隣のヤング軍団 トランペット迷演奏付き野球が楽しそう      こんなチンニュウ者も
    DSC0990504486s-.jpg  DSC0990504489s-.jpg
                     まんまるお月さま   見えたり隠れたり


9時過ぎにはテントの中の人
例の新アイテム<赤いブツ>のお陰で グッスリ

そういえば前回のキャンプでは 風の音が怖くて子供みたく眠れなかったんだよナ~






  1. 2009/09/09(水) 10:16:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

コト

Author:コト
FC2ブログへようこそ!




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる