一歩一歩

山歩きを始めて1歩の力を実感です。 コツコツ、ぼちぼち、 努力、努力・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゆるゆるハイク 第4弾

大台ケ原  2009.6.18 (木)

        DSC04818s-.jpg
                    一瞬の日差しと青空  (12:14)


ご近所の岑子さんと3月から始めた月1健康ゆるゆるハイク 
高旗山・霊山・三峰山と 順調に回を重ねて今回で4回目
さて 今回はどこに行きましょう? (なにせ このワタクシが案内役なのですから・・・頼りないコトです)
梅雨に入って天気予報もあまりかんばしくない。
“時間的に行ける所まで行って引き返す or 雨なら温泉でまったり でもいいねぇ” ということで 今回は大台ケ原へ。
今回は岑子さんのお友達 Tさんご夫妻も一緒です。

  名張コト邸発8:00 ~大台ケ原駐車場10:20 ~日出が岳11:30~正木原手前12:00(昼食)-雷接近で退散12:40~駐車場13:45~山鳩の湯14:45-15:30~ 帰宅17:10)

             DSC04735s-.jpg
                  ビジターセンター横から歩き始めます (10:30)
         DSC04742s-.jpg
                      想定外! シロヤシオの花回廊

         DSC04741s-.jpg
                 前回三峰山でシロヤシオに初対面の岑子さん 大喜び

                    竜が岳で超感動の羊の群れを鑑賞した私は  
   “シロヤシオ満開のはず きっと綺麗よ~” と急遽強引に三峰山に誘った(5.26)のですが
   すでに落花状態だったりで ちょい残念だったのです。
 
     かくいう私も花はすでに終わったものと思い込んでいましたから想定外の遭遇に大感激!
                       Tさんご夫妻も満足の様子

                今日の企画は 一応これで大成功ということで・・・


   DSC04764s-.jpg  DSC04757s-.jpg
                          日出が岳  (11:30)
          そこそこ晴れなんですが、尾鷲湾も大峰の山々もなぁ~んも見えません。

正木が原に向かいましょう。
歩き易い木道を辿ります。
             DSC04768s-.jpg
             DSC04772s-.jpg
               正木嶺あたりにはガスがかかり始めています (11:45)

         DSC04797s-.jpg
                       またまたシロヤシオ回廊 
              
         DSC04802s-.jpg
     木道の側だけでなく見渡すかぎりシロヤシオの花・はな・ハナ・・・ってちょいオーバーかな?

         DSC04809s-.jpg
    進行方向どんどん雲行きあやしくなってるっていうのに・・・・誰だ~~なかなか進まないのは!!?

    DSC04799s-.jpg  DSC04784s-.jpg
    DSC04777s-.jpg  DSC04782s-.jpg
         DSC04810s-.jpg

立ち枯れのトウヒとササ原を貫く人工の木道を歩く
         DSC04811s-.jpg
              ここに来るとなにやら不思議な気分になるのは私だけ?
         DSC04813s-.jpg
               自然の営みとはいえ・・・   再生はあるのだろうか・・?
         DSC04815s-.jpg
         青空だとおもわず “飛んでいきたぁ~い” って気分になるところです (12:08)


ガスが激しく流れお天気が崩れてきそうな気配なので今日はここまで
ということで 木道のベンチでランチタイムに
今日は平日で人も少ないので絶景ポイントをお借りします。

        DSC04817s-.jpg
                   食事中 こんな一瞬の晴れ間も・・・  (12:14)

しかし食後のコーヒーブレイクを楽しんでるとポツポツやってきました。
そして 雷鳴も・・・・
こうなると撤収は早い!

せっかくだからとそれぞれおニューのカッパを着こんで花回廊を戻ります。


              DSC04829s-.jpg
                  雨に煙る駐車場をあとにしたのでした。 (13:45)





入之波温泉 「山鳩湯」に寄ります。
大台ケ原駐車場から車で1時間 素敵な温泉でしたので紹介しますね。
写真だけですが・・・

      DSC04832s-.jpg DSC04835s-.jpg
              DSC04836s-.jpg
    DSC04838s-.jpg DSC04839s-.jpg
              DSC04847s-.jpg







スポンサーサイト
  1. 2009/06/24(水) 18:18:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

雷鳥沢テン泊記 №3

3日目  2009.5.4(月)

         DSC05343s-.jpg
                 スキーヤー&ボーダーがいっぱいの一ノ越     (11:01)
        



         DSC01879s-.jpg
                 山の朝は早い すでに周りは動き出している 4:36
         DSC01883s-.jpg
                    真砂岳から陽が昇る   (6:36)



今日は一ノ越まで行こうということに。
昨日のドジ:*2の穴埋めに単さんとは別行動でひと足お先に出発です。
    DSC01884s-.jpg  DSC01886s-.jpg
      行ってきま~す (7:21)   大きなザック隊をサクサク追い抜いて行く 背中が軽いと私でもやっぱり早い!

         DSC01885s-.jpg
              みるみるテン場が彼方に・・・昨日よりテント増えてますね~~~




昨日大きなザックを担いでへなへな歩いたコースを、今日は軽やかに歩いて室堂センターに向かってます。 でも心はちょっとブルー

そこに 二羽の雷鳥が旋回するように飛んできてすぐそばの岩にとまりました。
         DSC05286s-.jpg
          超ラッキー  威嚇してるのかドスのきいた低音でしきりと鳴いてます。 (7:44)



もしかして目的の物があるかな? とみくりが池温泉に寄ります。 (8:02)
             DSC01894s-.jpg

ありました!ありました!
サングラスゲット!!
             DSC01896s-.jpg
                     地獄谷  硫黄の臭い  (8:35)

ブルーだったこころが雷鳥で癒され、サングラスも手に入って、メガネの上からかぶせてかけてみるとこれがまた結構いける! (テン場に帰ってから若者に「いかにもオバサンらしい」って言われてしまいましたが・・・)
昨日はコンタクト忘れて視力のない目にサングラスで、せっかくの景色にグスンだった。
当然色々選べるわけもなく “サングラスならなんでもイイヤー” と買ったのですが思わぬいい調子で
コトはん一気に元気!元気! 回復の笑顔で~す。


         DSC01898s-.jpg
                       ホテル立山前   (8:52)

このあたりでは軽装の人が沢山 雪原散策を楽しんでいます。
雪遊びの子供達の歓声も響いてます。
GW真っただ中 今日も大自然の空気を求めて大勢の人が繰り出してくるのでしょう。

途中すれ違った人達からは「雷鳥みました?」と。
「ハイ 見ましたよ」 と得意気に。 (^^)




さぁ一ノ越に向って~~~

白い世界に あっちにも こっちにも カラフルなありんこの行列  (9:02)
         DSC01900s-.jpg
                  ルートは違ってもみな一ノ越に向ってる

正統派のコトどんは 大きく迂回する夏道ルートで
私はアップダウンを避けて、できるだけ直線的にショートカットねらいで 
と別行動です。

         DSC01902s-.jpg
                   後方の山は奥大日岳   (9:19)

ここで合流(ってか待ち受けられてた) ってことはやっぱり “急がば廻れ!?” かな?

         DSC01903s-.jpg
                  前を行くはボーダー隊 カッコいい  (9:22)

         DSC01911s-.jpg
                   登るほどに人口密度は増してくる      (9:45)

         DSC01919s-.jpg
           あとひと登り  この赤い人私ね(笑)              (9:59)

              DSC01925s-.jpg
                     山荘前に着きました  (10:02)

おぉぉぉぉ~~~ 美しい!!!  (10:03)
         DSC01929s-.jpg
そして 右端にくっきり綺麗な姿のお山が見える
ズームアップすると・・・
         笠が岳くっきり
                       笠が岳と教えていただきました


一ノ越で会いましょうと言って別れた単さんの姿は当然ありません。
すでに雄山へ?
コトコトはここでたっぷり展望をたのしみ、ゆったりと時間を過ごすことに。
雄大な自然、次から次からやってくる人達を眺めてるだけでも全く飽きることはありません。

         雄山への稜線
               雄山への稜線 大勢の人が登っています。(10:15)
         笠が岳を教えてくれた人も雄山から滑って降りるとスキーを担いで行きました。

               DSC01934s-.jpg
                            カッコいい~~~!
         DSC01946s-.jpg
              スキーヤー&ボダー達は黒部へ降りていくそうです
         DSC01943s-.jpg
                         浄土山へも沢山人の列 
                      行ってみたい気は多々あれど・・・・ 

雄山の方へ少し上がってみますと・・・
         DSC03862s-.jpg
                 こんなに大勢の人・人・人・・・・  (10:49)
         DSC03863s-.jpg
           次から次へと登ってきては、アッという間に滑って降りて行く人・人・人・・・

かれこれ1時間 景色と人の動きに見入っていたのでありました
そろそろ帰ることにしましょう。 (もっと居たいんだけどナ~~~)
         DSC03868s-.jpg
                       テン場も見えてま~す  (11:18)
めざせテン場へ! で一直線に
         DSC03869s-.jpg
                           おぉ~~~い
                        またまた離れてしまった
では チョイ裏ワザで・・・
    DSC01977s-.jpg  DSC01989s-.jpg
           かなりの傾斜で勇気いったけど、一度滑ったらこっちのもんダ~~~
                             爽快!爽快!
                        明神での特訓の成果であります(笑)
              DSC02006s-.jpg
                   我が家に帰ってきました  (11:56)
                        テント村は人影まばら

食事をしたり、温泉にいったりしてると・・・
              DSC02017s-.jpg
                    賑やかになってきました  (14:42)




[雷鳥沢テン泊記 №3]の続きを読む
  1. 2009/06/01(月) 12:45:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

コト

Author:コト
FC2ブログへようこそ!




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。