一歩一歩

山歩きを始めて1歩の力を実感です。 コツコツ、ぼちぼち、 努力、努力・・・

リピーターコトコトの山納めは・・・

12月28日(日)
DSC08485-g2s-.jpg

「明日 天気よさそうじゃよ」
「えぇ~っ 私 年末行事が予定通りに進んでないし~~」
「大丈夫 今年は休みが多いから俺がやったるし・・・」
ってことでお米を洗い4時にセットして寝ると 
翌朝5時 コト(^_^;Y特製のおにぎり&おかずができていた。

まだ暗い中出発(6時過ぎ)
だんだん陽が昇って明るくなるにつけ 目指す方向はなにやら雲が厚い
「う・・・ん 帰って掃除するかぁ~」
「えぇ・・・っ ここまできたら大又まで行こうよ」

駐車場に着くとすでに数台 (・・・・今日はなん日だ~?)
上の方 白いものが~~♪
とりあえず明神平まで!
ちょっと わくわく ときめいてきましたよ~




明神通い3週目です(アハ・・・)
            DSC08332s-.jpg 
            遥か彼方は晴れてるのに頭上は重い雲が我々を押さえつける 
           DSC08378s-.jpg
            今期初霧氷に足取りも軽く・・・  時折り青空も見えたりして~

なぁ~んてルンルンみたいですが・・・
実は霧氷のかけらが頬をピシリピシリ、初雪道は足を取られて結構ヨレヨレ、 シャッター押す手はかじかんで・・・

            DSC02249s-.jpg
                  でも 薊岳はべっぴんさんで~す
            DSC02259s-.jpg
                 今日のあしび山荘は絵本の中 しかし寒いッス!

今日はここまで!で満足、満足・・・・
でもじっとしてると寒くて寒くて 背中いっぱい汗かいてる私はザックもおろせません。
東屋で後から来られたご夫婦とちょこっとばかし会話
桧塚塚まで行くとおっしゃる。すかさず 「ヒキウス平いいですよ~~」と「左に90度くらい曲がるところがあるでしょう あそこを右にいくんです~」
なんとザツな教え方ざんしょ! あきれたコト(^_^;Y 「わしゃ知り合いちゃうゾ」 なんて顔してとっとこ行ってしまった。

風をよけて天理大小屋の横でコト(^_^;Y特製おにぎりをほお張りますが口がかじかんでうまく噛めません。
ポットの熱いお茶で口のこわばりをなんとか解消です。

そして先程のご夫婦 足取りも軽やかに目の前の斜面を登っていかれた。


なんとご夫婦に触発されたか・・・ 
暗黙の了解のように歩きだしたコトコト二人は・・・・

            DSC02276s-.jpg
                      支配人に出迎えられ
            DSC02292s-.jpg
                寒風吹きすさぶ劇場に立ったのであります。
            DSC02283s-.jpg
               強風に霧氷が引き剥がされ竜巻のように舞っております。
            DSC02297s-.jpg
    それでも時折り現れる青空を待ちつつ 荒ぶる景色の中の美しさに立ちすくむ2人でありました。
      写真を撮ったら長居は無用とばかり退散 苦労してここまで来ましたのにねぇ


さてコト(^_^;Y特製のお弁当 景色の中で数倍のお味になるはずでしたが、
少しばかり風を避けれそうな林の中でお湯をわかして作ったカップラーメンにすっかり首位の座をのっとられてしまいました。


来た道を帰ります。
雪道をサクサク、ルンルン・・・じゃぁなくてトボトボでしたかね~
最後の林道歩きにいたっては・・・歩けど歩けど着きません。

上で飲めなかったあったかいコーヒーを飲みながら
「ええとこ5時間の行程が無難なとこやな~」
「うんうん 今日はもう限界こえてたワ」
とか言いながら 
来年はちょっと高い山にいけるようにしような~と誓う二人であった。 ・・・ホント?


        DSC08606s-.jpg
   車を発進してまもなく・・・またもやワイパーの下でひらひらするものあり
   “わぁぁぁl~ 会いたかったワ~ 残念 残念 残念”と悔やむ二人 
   くたびれきって無口だった二人がああだこうだとしばらく復活したのでありました。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/30(火) 02:42:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ヒキウス平  2008.12.20(土)

         DSC02185s-.jpg
             やっとたどり着いたところは聞きしに優る別天地でした。
               もう言葉を失った二人 ただただみとれるばかり

このうえ霧氷があったら・・・なんて贅沢は申しません。


おまけにこんなのも
         DSC03231-h1s-.jpg
         左端のぷっくら尖がりお山は局が岳
         そこから右にそ~っと目をやると・・うっすら白い三角が・・・・・見えませんか?
         あれは 富士山 だと言い張る私
  1. 2008/12/22(月) 00:20:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

笹ヶ峰  ~明神平から冬枯れの林を満喫~  12月13日(土)

   DSC02085s-.jpg  笹ヶ峰は
 DSC07954-g1s-.jpg                                         素敵な林の広場でした。



「今週末の予定は?」
「土曜日はあいてる」
「じゃ 天気もよさそうだし何処いくか考えときや~」
・・・???・・・ 

そして金曜日
「oyajiさんからメールきたよ」
“これから忘年会ですが、明日起きられたら、おかんと明神平へ行く予定です”
という訳で行き先即決定




              DSC07772s-.jpg
 コト家にしてはいつもより早い出立で ずら~っと並んでるはずの大又駐車地にはまだ先着車2台
 oyaji号はまだだね。  
 うん? 黒い車お知り合い号のような・・・ (そういえばさっき歩いていきはった人 大きな人だったよね~ )

ということで7:45出発
見上げる先に白いものは無し。
林道終点までの急坂道もフツーの道 もちろん横のつららも全く無し。
・・・そりゃそうだわねぇ 今週ずっと暖ったかかたもんねぇ・・・ ハァ~

     DSC07794s-.jpg  DSC07814s-.jpg   なんだか我ながら   神妙な顔つきで                      慎重に      歩いております。

単独男性が一人追い抜いていかれましたが その後誰にも会いません。
後方を気にしてみますが声も気配もありません。 響くは我らがクマ鈴の音ばかりなり。
oyajiさん達どのあたりだろう?   

つづら折れの道を心地よく歩き
     DSC02037s-.jpg    <a href=DSC02042s-.jpg
        あしび山荘手前までやってきました。朝日が眩しい輝きを放ちます。
               穏やかな小春日和 今日は風もありません

そして恒例のビューポイント
           DSC02045s-.jpg
                      金剛葛城までスッキリ


そして今日のあしび山荘
        DSC02050s-.jpg
              いつ来ても絵になる風景の中に建ってはります。

         ・・・・しかし 先週はまるで砂糖菓子みたいに真っ白だったそうなんですが・・・


東屋でちょっと休憩
誰も追ってくる気配ありません。
では今日の目的地に向って出発しましょう。
三塚から明神岩で手をあわせ、明神岳へ向います。

明神岳を過ぎ桧塚奥峰への分岐点 (左折すると桧塚へ)
                  DSC07901s-.jpg
ヒキウス平へも行ってみたいけど、今日は道のコンディションもよさそうなので1度行ってみたかった笹ヶ峰へいきます。  雪道になると始めての場所は不安ですものね。


前山から明神岳へと続く尾根道を 右手に大峰の山並みを見ながらさらに南へ進みます。
             DSC02073s-.jpg

             DSC02070s-.jpg
明神岳から1度大きく下り、登り返し、その後軽いアップダウンののち 進行方向に垂直に広がる台地状の広~い場所があります。
         DSC02076s-.jpg
           廃船のような 横たわった大きな木からさらに幹が林立している不思議な木

もう1度下ってテープを拾いながら笹に覆われた斜面を上がると笹ヶ峰だった。
すっかり葉を落とした木々から陽は降りそそぎ美しく、心地いい雰囲気。
なんだか無邪気に走り回りたくなるようなそんな場所です。

          DSC07937s-.jpg

          DSC02091s-.jpg

          
木漏れ日を浴びて食事にしましょう

            DSC02090s-.jpg  DSC02093s-.jpg
    今日もコト(^_^;Yの 鮭入りおにぎりとおかか&ジャコ&梅入りおにぎり
           卵焼き(ジャコ&海苔入り)、ウインナー竹輪のバター焼き、野菜炒め
                 そして暖かい野菜たっぷりラーメン

                                  し・あ・わ・せ~~~

             DSC07957s-.jpg


来た道を帰ります
             DSC02097s-.jpg
 
                   DSC02096s-.jpg
                      うっすら見える尖がりは明神岳?
                  結構高いですやん! 標高1432Mですもんねぇ。


明神岳が近づいてくると右にこんな景色が見えてきます
           DSC07983s-.jpg
        桧塚奥峰かな? そして右に広がる草原風に見えるところがヒキウス平でしょう
  先週はそれはそれは息を呑むような素晴らしい自然の織りなす芸術的光景が繰り広げられてたようです。
  ルネさんのレポにうっとりでした。(クリックしてね)



さて明神岩まで帰ってきました。
            DSC08027s-.jpg
               あしび山荘あたりに2人姿がみえます。もしかして・・・???
          ピンクの帽子をふってみたけど何の反応もなく下山路へ消えて行ってしまった。

     そして今朝出発直後に追い抜いていった方以来 はじめて出会った人達 
     おもいっきり にこやかに挨拶をかわしたことは言うまでもない!でっしょ?

東屋へ着く13時)と1人の男性が食事の準備をしてはります。
私達も横で休憩することに
コーヒーを入れたり りんごの皮をむいたりしてると・・・・
こちらに向って歩いてくる人影あり! うん 間違いない!
大きく手を振って 引きとめちゃいました。
コーヒー(インスタント)を無理に勧めてしばし歓談 嬉しい再会でした。
              DSC08033s-.jpg

一緒に下山にかかりましたが、「私ゆっくり歩きますので 先に行って下さいね」 「じゃぁ」 ということで みるみる離れて姿消えちゃいました。
“あれっ? こんな光景今に始まったことじゃないような・・・”
いつもかなり皆さんをお待たせしてましたもんね。


私泣かせの場所
         DSC08044s-.jpg  DSC08051s-.jpg


駐車場に帰り着くと  “お先に失礼” の置手紙2通
“わぁ~ oyajiサンたちも来てはったんや~~” 失礼!! よからぬ想像したりなんかして・・・
雪遊びまでには なんとか鍛えておきますんで~~~ また よろしくね!

白い光景には会えなかったけれど いい1日になりました。  
  1. 2008/12/18(木) 15:35:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

サクサク・カサカサ・・落ち葉の道を・・・

         DSC07701s-.jpg
                
 伊賀北西部・標高710㍍
   高旗山登山道住民が手作り
伊賀市北西部の滋賀県甲賀市との県境周辺にある高旗山(710㍍)の登山道が、このほど整備された。新居地区住民自治協議会が、急傾斜の難所に階段を設置したり、倒木を取り除いたりした。全長3.6㌔の、1時間半程度で山頂まで登れるコース。  (2008.11.18 朝日新聞より)

ここ数日来の寒波で台高・大峰方面では霧氷が見られそうな、おまけに雲ひとつない真っ青な空の、
そんな好天の12月6日(土) この新聞記事に誘導されて行ってきました。 「高旗山」
コースに関しての詳しい内容はコト(^_^;Yにおまかせすることにして・・・・ちょっくら・・・

    DSC07640s-.jpg  DSC07655s-.jpg
     おぉ~~ なんと冴え冴えとした青空よ         全編こんな幅広の掘割道です

    DSC07661s-.jpg  DSC02005s-.jpg
      吹き溜りには雪もうっすら残ってました         厚い落ち葉の絨毯 フカフカです

    DSC07672s-.jpg DSC01993s-.jpg
     この地点の手前まで車で来れるようです       この階段を登りきれば頂上で~す


待っていた展望は・・・

         DSC02982s-.jpg 
         南は 眼下に上野の街並み(写真左下方向)とむこうに名張市の街が見えます
     
上野市街(上野城)    手前の森中央右に上野城
                        DSC02945s-.jpg  名張市のビッグヒュータウン すずらん台、つつじが丘、百合ヶ丘、梅が丘がずらり

             そのむこうには大洞山から曽爾等の室生火山群 
            そしてその彼方 三峰山の上空にはずっと雲がかかってました
         DSC02965s-.jpg 南東方向には青山高原 林立する風車の白が美しいのですが・・・画像でははっきりしませんね(m..m)
鈴鹿方面 北東には鈴鹿の山並み 中央のとがりは鎌が岳かな?
額井岳?    南西の方に目をやれば・・・ この「山」という字に見える山は・・額井岳?

北側は少々木立に遮られて見づらいですが滋賀県側の山並みが見えます。
そう 360度の展望といってよいでしょう。
山頂広場は景色を楽しみながらゆったりくつろげます。が、風の強い日はじっとしていられない かな?(持ってた服を全部着込みました)

    DSC07719s-.jpg  DSC07717s-.jpg
         胸に「上野AC」の名前をつけた子供達が元気よく駆け上がってきました。
         陸上クラブの子供達30数名とききました。 「お弁当タイム」楽しそうです。

来た道を下ります。登山道は概ね木立の中ですが、所々登りでは背中側だった展望が楽しめます。
道は広く危険な感じの所はありませんが、けっこう急坂で、冷たい空気の中のもかかわらず登りでは汗をかきました。 
この後整備が進むそうですが、山頂で風をよけられる場所が欲しいですねぇ。
落ち葉を踏みしめ心地いい歩きの1日。
“近場でまったり”にとってもいい場所発見!でした。



土、日と山友のサイトには羨むばかりの “真っな空に映える真っ霧氷”の画像 乱舞!
“う、美しい!” “す、すごいですやん!” “ええなぁ~”  とため息しきり。
でもいいのです。 1ヶ月ぶりの山歩きの身には・・・トレーニングっちゅうもんがいるでしょ!?
これからがシーズン この先 いっぱい見れるサ!
               
                    うううっ・・・なにやら苦しまぎれ・・・
  1. 2008/12/10(水) 01:00:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

蔵持公民館展 2008.11.16(日)

私の住む団地は小高い丘陵地に造成されており、大阪等から移り住んだ人が多い。蔵持地区はその団地の麓を取り囲むように広がる地域で代々続く旧家がほとんど。小学校区になります。田あり、山あり、川あり、酒蔵あり、の のどかな田園風景のたたずまいの中にあります。
その蔵持地区の文化祭に今回初参加しましたのでちょこっと紹介しますね。
                  DSC07315s-.jpg
当日はあいにくの雨模様にもかかわらず 農産物の即売会は超人気 10時過ぎに行ったときにはほとんど完売状態 おうどんコーナーと喫茶コーナーも大勢の人でした。

会場風景
    DSC07346s-.jpg  DSC07347s-.jpg
    DSC07348s-.jpg  DSC07350s-.jpg
     DSC07352s-.jpg  DSC01968s-.jpg
サークルから、個人で、保育所から、小学校からと沢山の作品で会場はびっしり埋まりなかなか盛況であります。



ジャーン 我がサークル 「筆遊び」の作品です。
         DSC01949s-.jpg
このサークルは昨年5月に発足
“名前や熨斗袋の表書き等がきれいに書けるようになりたい”という人達の集まりで、“いろは”から始めて月毎の時候の挨拶や花の名前などを題材に小筆で書く文字を練習してきました。
月1回の練習日ですので、当日家族の方に不都合がおきたりするとすぐに2,3ヶ月とんだりもします。しかし皆さんとっても熱心。「そんなに根をつめると疲れますよ 休憩いれましょう」と声をかけることもしばしば。

そして今年の夏頃“公民館展に参加しましょう”ということになり、自分の書きたい文字を選んで9月、10月の猛特訓(笑)の成果で産声をあげた作品です。
最後の日には“今回の出展 やめたいわ~~”という人続出。そりゃそうです。そんな気持ちになるのは当たり前です。
“上手、下手を競う場ではないのですから、自分らしいものができたらいいじゃないですか。”
“必ずあなたの人柄がにじみでたものが出来上がります。”
とかいいながら、ここ墨多くしたら? 墨つけすぎです、 ゆっくり書いてみて、ここは速く、 とかついつい口を出してしまいます。 その度に書は修整がききませんから もう1枚、もう1度 ということになります。
全く作意のない時に書いた最初の作品を選んだのもありました。
“あぁ~~今日の2時間は何だったの~~~”  “きっと 次回に繋がります!”

    DSC07317s-.jpg  DSC07318s-.jpg
                  DSC07358s-.jpg
どうです? 素敵な作品に出来上がったでしょ!?
表具屋さんに素敵な衣装をつけてもらいました。
奥矢精華堂さん ありがとうございました。
当日自分の作品に対面して皆さん大喜びです。“キャー これ私が書いたン!?”

早速 お部屋や玄関に飾ったそうです。
“来年はどんなん書こうかな~~”の声も・・・
嬉しいかぎりです。

      

                  DSC07365s-.jpg
                公民館の隣にある神社のもみじが色鮮やかでした
  1. 2008/12/03(水) 11:11:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

コト

Author:コト
FC2ブログへようこそ!




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる