一歩一歩

山歩きを始めて1歩の力を実感です。 コツコツ、ぼちぼち、 努力、努力・・・

荒滝キャンプ 2008.10.18(土)~19(日)

三重県松阪市飯高町赤桶
      つつじの里 荒滝キャンプ場
            DSC01771s-.jpg

氷ノ山の麓でのキャンプ初体験(2005.9.23~24)ですっかりその魅力にはまったワタクシ 早速にテントを購入してテン泊縦走へと夢は一気に上昇。 近場で何度か練習を積み、そしてテント担いで山へ・・・と構想はバッチリだった。
が、しかし・・・・
軟弱コト家のこと、雨や強風だったら・・・、夏は虫いっぱいやし~ 動物に襲われたら・・・ と
二人でのテン泊実習は行われることなく、テントはきれいなままで眠ること○年。
今回やっと2度目の使用となりました。(笑)

         DSC06547s-.jpg

今回ご一緒していただいた方は 単独行さん、しろくまさん、kinokuniさんとロッキー、おやじさん、makotoさん
wolfganguさんを通じてお知り合いになった方々ですが、私が昨秋から足を痛めてくすぶっていたこともあり、最近では交信も途絶えがちで、とてもなつかしい再会でした。
氷ノ山ではまだ幼犬だったロッキーは50キロをこえる立派なワンちゃんに成長。後ろ足で立つと私より大きい。おっとり穏やかで賢いワンちゃんです。そしてどこへ行っても人気者
    
    DSC01715s-.jpg DSC06622s-.jpg
                  DSC01728s-.jpg


男前料理豪快に出来上がっていきます・・・
     DSC01714s-.jpg DSC01720s-.jpg
     DSC01712s-.jpg カタクリ
                   私は現場監督 ウロウロ見てるだけ~~~
             男性陣の絶妙なチームワークに入り込む余地はございません。

そして・・・ 
     DSC01710s-.jpg DSC01711s-.jpg
           カンパア~イ                          うめぇ~~

豪華ざんしょ!!
    DSC06558s-.jpg DSC01725s-.jpg
    DSC06577s-.jpg DSC06578s-.jpg
    DSC06589s-.jpg DSC06609s-.jpg
          これだけの料理がすべて納まったんですからねぇ コワイもんです。

                   DSC06569s-.jpg
                         語らいはとめどなく続き~~~

おやじさんのとろけるよう涸沢の紅葉の話し、単独行さんの熱いテン泊話にすっかり洗脳されたワタクシでありました。 “来年は行くゾ~~~!!”

シュラフにもぐり込んだのは10時頃か?
何度か目覚めるもののその間ぐっすり眠れたようです。よしよし、進歩だ!





翌19日
    
    DSC06632s-.jpg DSC06635s-.jpg
         朝の軽い散歩~のつもりが・・・                一座制覇!
               
                   DSC01758s-.jpg
                           苦行された方3名

        

手早く(でもないか~?)テントを撤収して三峰山へ向かいます。
三重県側からの登山口は福本、ゆりわれ、月出と3箇所ありますが、ゆりわれからのコースをチョイス。
よく整備された、登山道というよりは作業道みたいです。結構急坂ではありますがジグザグとつづら折れの道はちょっと単調かな?

 

    DSC06695s-.jpg
   植林帯を抜けて自然林の道に入ると紅葉も見られ

                DSC06725s-.jpg
            高見山の美しい姿が見られるようになると八丁平も近い。
                            
                             DSC06748s-.jpg
                               今日の八丁平は風もなく穏やかです。


単独行さんとmakotoさんの姿はすでにありません。
追っかけて山頂に向かいます。

                  DSC06764s-.jpg
                         山頂での記念撮影  


kinokuniさんとは又の再会を約束してキャンプ場でお別れ お一人は登山装備不充分で登山をあきらめとっとと家族の元へご帰還 (コト家では阪神戦が気になってたんじゃないかと詮索しとりました。)


    DSC06687-h1s-.jpg DSC06784s-.jpg
          キッコウハグマ お初です             今年も会えました センブリ
    DSC06739s-.jpg DSC06741s-.jpg
       まだ咲いていました ヤマハハコ            谷一面を覆うヤマハハコ


楽しい2日間ありがとうございました。
またご一緒してくださいませ。

                                     以上ダイジェスト版でした。
                                          本編もお楽しみに~~~
スポンサーサイト
  1. 2008/10/24(金) 01:42:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

曽爾高原 夕焼けショーを求めて 2008.10.13(体育の日)

DSC02249s-.jpg  お亀池の灯篭に灯りがともり亀山峠には・・・

ルネさんちのブログに掲載された曽爾の夕暮れ風景のあまりにもの美しさに魅せられて たまらず行ってきました・・・
いくら魅せられたといえど、アルプスとか体力に見合わない所は無理ですが・・・近場ですし、ハイキングコースですし・・・
しかし、今 名張曽爾線(R81)は香落渓あたりの崩落で通行止めなので、赤目掛線(R784)を行きます。この道が結構悩ましい。カーブがきつく出会い頭に対向車と遭遇するとちょっとしたお見合いに。さてどっちがバックする?(以前おやじさんから習った相手によけてもらう方法もあまり効果ないんだな・・・笑) 車の量は少ないんだけど、それでも1,2度はあります。
           

              DSC06400s-.jpg
                    ものすご~~い人・人・人・・・

今日のべっぴんさん
    DSC06409s-.jpg DSC01549s-.jpg
     DSC02146s-.jpgお亀池湿原にはおびただしい量のウメバチソウが咲いていますが近づけません。願わくば1ヶ所でいいから近づける場所が欲しいと思う私ですが、この柵とカヤに守られてお花も伸び伸び安心なんですねぇ。





今日も美しい!ス・ス・キの丘
          DSC01556s-.jpg   
          DSC01559s-.jpg

いつも高い所からの景色を見ながらの食事ですが、今日はお亀池そばの広場のベンチで ぐるりを見上げながらです。回りでは豪華行楽弁当を囲んだファミリーやグループ、カップル。とても平和で和やかな雰囲気がいいです。我が家は野菜たっぷりラーメン。食後にりんごをむいたりコーヒータイムでくつろいでると・・・ 
なにやら騒然とした空気。5歳の坊やが迷い児らしい。私達もお手伝いをと背丈ほどもあるススキを掻き分け歩き、人のあまりいない外回りを1周して戻ってみるとどうやら見つかったみたいで、ご家族はいらっしゃいませんでした。
よかった、よかった。              


    DSC06486s-.jpg
こんないたずらも・・・わかります?草が結んであるんです。 まんまと引っかかってしまったよん!ドテッ!!


日没時の絶景ポイントを求めて歩きまわります。

        DSC06497s-.jpg
            皆想いは一緒 ぞくぞくとあたりに三脚が立ち並びます。(16:17)
                     しかし・・上空には厚い雲が・・・

そして いよいよ日没~~~
              DSC02162s-.jpg
                             16:47
DSC02195s-.jpg   山の際(屏風岩)一筋の雲の切れ間に沈んでいきます。(17:08)

         DSC02209s-.jpg 
                               17:10
        
         DSC01643s-.jpg 
                 夕陽に赤く染まるススキではないけれど・・・


そして灯篭に灯りがともります。
         DSC02228s-.jpg
                             17:37


  1. 2008/10/14(火) 14:55:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

曽爾高原 秋模様 2008.10.4(土)

DSC06157s-.jpg     亀山峠の向うに古光山  ススキの穂が出揃ってすっかり秋色
        
         DSC02049s-.jpg
                        ススキの向うに古光山 
DSC06123s-.jpg二本ボソ手前からの眺め  ~亀山峠、亀山、向うに後古光山、古光山~   ここからの眺めが最高!

DSC01149s-.jpg
同じ場所から  2008.7.26(土) 
 この時期に来るもんじゃない!って言うほど 暑くて暑くて大変でした。虫にも悩まされましたナァ~
 しかしこうして並べてみると・・・・・それぞれ趣があります。

ススキショー
    DSC01400s-.jpg    DSC06085s-.jpg
     
    DSC01481s-.jpg   DSC06187s-.jpg
 
今日の目標は前回わずか数メートルの岩陵の急登に恐れをなして撤退した倶留尊山リベンジ
二本ボソへの急登 倶留尊山への激下り、登り返しをエッチラオッチラなんとか制し倶留尊山無事登頂
バンザーイ!
コト(^_^;YがレポUPしてますので、私はススキの写真で・・・

私にしては良く撮れたゾ!    
    DSC01456s-.jpg   DSC01495s-.jpg
             コウヤボウキ            と      荒地に咲くウメバチソウ
  1. 2008/10/10(金) 14:03:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アケボノソウ

        DSC01314s-.jpg    
                        2008.9.28(日)撮影

山歩きを始めたころ トボトボ歩く私には可愛らしい花がいっぱい目に飛び込んでくる。
しかし、全然花の名前がわからない。
そこで 「山野草ポケット図鑑」 を買い込んで暇さえあれば眺めていた。(いくら眺めてもいっこうに頭にははいりませんが)
その本の表紙を飾っていたのがこの曙草である。
そして このアケボノソウに初めて出合った時はとても感動的だった。
“あらっ!? このお花・・・ もしかして・・・あの花かも・・・” 
自分一人がみつけた秘密の場所みたいで 嬉しくてわくわくしたのを覚えている。
     
  DSC01345s-.jpg     DSC01310s-.jpg

まだ咲き始めのようで蕾がいっぱいついている。
可憐な花に似合わぬ草丈があり 花が満開になると鬱蒼とした感じにもなる。
生育環境をみると強い花のよう。
道の真ん中 ワダチで出来た州のような場所に咲いているのを見た時には驚いた。“あらあら そんなところに咲いてちゃ轢かれちゃうよ~~~”
しかし 今年は少し株数が少ないようだ。

   イヌショウマ ハガクレツリフネ マツカゼソウ
       イヌショウマ             ハガクレツリフネ            マツカゼソウ

   クサアジサイ ツルニンジン ヒメジソ?
        クサアジサイ             ツルニンジン               ヒメジソ?

                       
         
         DSC01342s-.jpg
                               大洞山
  1. 2008/10/09(木) 12:01:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大台が原  2008.9.23(火)秋分の日

とにかく 空がきれいな1日でした。

DSC05447s-.jpg                日出が岳展望台

朝夕の冷え込みに秋の気配を感じだした頃 大台ガ原の秋はどこまできてるかな?と出かけてみました。 駐車場に着いて車を降りたとたん す~っ とひんやりとした空気に包まれる。 
突き抜けるような青い空とさわやかな空気に “秋だ~~~”

DSC05516s-.jpg うぅぅぅ・・・・

DSC01809s-.jpg  あぁぁぁ・・・・

DSC05512s-.jpg木道と輝く雲 
足にやさしい木道 お陰で足元を気にせずたっぷりと景色を楽しみながら歩けます

DSC05519s-.jpg  少し色づいた木々の向うに大峰の山並み~~そして青いキャンバスに白い雲 

DSC05533s-.jpg  もぉぉぉ~~ 大満足であります。

 DSC05545s-.jpg  アルプス行けんかったけど この景色で充分よ~ (安上がりやナァ~)

DSC05549s-.jpg  DSC05554s-.jpg
DSC05586s-.jpg ちょっとしつこいねぇ~~
DSC05616s-.jpg
DSC05621s-.jpgそして庭園風な牛石が原付近


大蛇編
DSC01860s-s-.jpg  DSC01861s-.jpg DSC05678s-s-.jpg
    へっぴり腰              立ってはみたものの・・・       やっぱこれがいい                             
                                              以上 おまけでおます。

ルンルンで歩けたのはここまで~~~
シオカラ谷への(激)下り、そして登り返し は逆山登り
ほとんど石畳の道や岩の階段風 2本のストックをたよりに 慎重&ゆっくり
後から来る人には即道を譲り・・・

うん? 足先にマメできたか? 肩にも筋肉痛きそう?
もう限界だ~~というころやっと駐車場に到着 (トイレ直行 笑) 14:00

駐車場を出てスイスイ走り出したころ・・・???・・・なにやらひらひらするゾ!?・・・
ワイパーにの下で揺れていたのは・・・ あらあら^^ ルネさんからの置手紙だ~~~
なになに・・・  “お先に失礼します 12:20  ”   なんと早い!こと!
その頃食事中でした。
お手紙ありがとう。(こんなのって 嬉しいですねぇ。)
会えなくて残念でしたが またどこかでサプライズを期待しましょう!

付録
帰りに「あきのの湯」で汗を流し、しっかりマッサージし ゆったりくつろいで帰りました。
その時 あきの福くじ(抽選発表28日)をもらったんだけどナー 
商品もらいに行けなかったワン





  1. 2008/10/06(月) 20:27:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

コト

Author:コト
FC2ブログへようこそ!




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる