一歩一歩

山歩きを始めて1歩の力を実感です。 コツコツ、ぼちぼち、 努力、努力・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4月20日 観音岳(606,9m) まさに旬のヒカゲツツジに会ってきました。

ヒカゲツツジ

先週堀坂山山頂で来週は観音岳で「ヒカゲツツジが咲くよ!」と情報ゲット。それは是非いかなくっちゃ! 足が痛いなんて言ってられません。多くの人は堀坂山と観音岳をセットで周回されるようですが、膝に問題をかかえる私は・・・一つ一つゆっくりとと言う訳であります。

森林公園から45号線を進むと堀坂峠手前に乙女の滝があり、ここから登ればショートカットで観音岳に行けると聞いていたが、森林公園管理事務所で頂いたマップをたよりにバンガロー奥から林内歩道 大滝、小滝コースをトコトコ歩く。一気に日焼けしそうな好天であるが林の中 陽を避けて沢の音をききながら快適な道のりであります。
ゲジゲジ峠を過ぎたあたりから林がきれて陽の当たる場所に。当然春の花が目に飛び込んできます            
               ウラシマソウ
                 初おめもじのウラシマソウ 長~い釣り糸がわかりますか?
                 大、中、小の3兄弟いました。 これは一番チビちゃんです。

               ヤブレガサ
                               ヤブレガサ
               ヤマブキ
                                ヤマブキ 

林内歩道を抜けて視界がぱ~っと開けたと思うと東屋が見えてきました。乙女の滝からの道と合流です。
                 DSC01179s-.jpg
DSC01180s-.jpg
                    DSC01181s-.jpg
 アップダウンはありましたが森林公園からここまで平行移動の感じです。 あらまぁ なんとここまで1時間40分 標準タイムはどのくらいなのかわかりませんがゆっくり遊んできたのは確かです。       
              いよいよ観音岳へ
       さあここからは観音岳山頂に向って一気に 南に眺望の開けた急斜面をジグザグと登ります。
           強い陽射しをうけての急斜面の暑いこと。汗がドッと噴出してきます。
                これまでの木陰の快適な歩きと180度の転換です。
                    ところがです。この道 お花がいっぱい。

          全部は載せきれないのでちょっとだけ。
               ムラサキサギゴケ
                            ムラサキサギゴケ 
               ヒメハギ
                               ヒメハギ
               ハルリンドウ
                             ハルリンドウ
     フデリンドウか?と悩ましいところですが、花茎が1本づつ立っているのでハルリンドウに決定
 ただ 図鑑には日当たりのいい湿ったところに咲くと書いてありますが、ここはどうみても湿ったところではありません。
山頂から東南
                        山頂に着きました~~~    
     目の前の尾根は堀坂山東尾根です。 先週ツッチョさんはここを登ってこられたのね。
               堀坂山
                       そして目を右に転ずれば堀坂山    
                      
                       この眺望を楽しみながら昼食です。
       最近すっかり定番になったあさり汁と おにぎり(inおかか&梅干&チリメンジャコ)質素です。

山頂は広くないですが、その分行き交う人々が家族的雰囲気になれるようです。常連さんも多いのかな?和やかな会話がはずんでいます。
メジロが1羽 すぐ近くの木でクチュクチュクチュクチュ長いことさえずっていました。きっとお話しの仲間に入りたかったのね。
そして驚いたのはお隣に座っていらした若いお兄さんは先週堀坂山で会った方。今日の観音岳のヒカゲツツジが見ごろと私に今日の山行きを勧めてくれた人でした。
我々とは反対コースから来たというお兄さんはすでにご対面済み。 その素晴らしさに興奮気味でありました。

        さあ 我々も行きましょう、お隣の東峰へ。わんさか咲いているそうです。 [4月20日 観音岳(606,9m) まさに旬のヒカゲツツジに会ってきました。]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/04/24(木) 12:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

4月12日 堀坂山に登りました。

             堀坂山山頂
朝6時過ぎ
「おい!ツッチョさんからメール入ってるぞ」 「堀坂山に登るって」 「我々も行こう 峠からならあんたも歩けるやろう」
うっすらと目覚め惰眠をむさぼっていた私はガバッと跳ね起きる。(これからだと7:30には出発出来るかな?と活動開始)

恥ずかしながらコト家の内情を暴露しますれば
いつも早寝早起き派の夫、(朝 4時5時には起きているらしい)と 遅寝遅起き派の私(2時3時に床に着く私は彼が起き出した気配を感じながら眠りに落ちることも・・・)はちょっとした精神的バトルを繰り返しておりまして・・・  まぁ客観的にみて悪いのは私のようですが・・・

洗濯したり、私の顔を作ったり・・・予定どおり事は進み7時半無事完了。
いざ出発となるとこれまた 火の元やー戸締りやー忘れ物やーと玄関先を出たり入ったりを繰り返しまして・・・これが彼の感情を逆なでするのはじゅうじゅう承知なのですが・・・ なおりませんです(m..m)(m..)(m.m.)ハイ。
ガソリンスタンド、コンビニに寄りましてようよう8時前の出発とあいなりました。

森林公園の駐車場はすでに沢山の車が停まってました。
咲き残りの桜を愛で、トイレを拝借して堀坂峠へ向います。

9;20歩き始めます。
いきなりの急登。登山道はすごく整備されており、ショウジョウバカマ迎えてくれます。
後で聞けばこの道をずっと草を刈ったりして整備されてる方があるとのことです。

                   R0011053s-.jpg
             根っこの階段のようなところ、大きな岩や岩のゴツゴツ道もあり
             掘割道
                             掘割道あり
                  観音像
                          観音様いらしたり
             山頂の賑わい
                      山頂は景色を楽しむ大勢の人
             R0011078s-.jpg
        新緑とピンクの山桜が彩る山肌の向うに松阪の市街地そしてその先には伊勢湾 
                       何ともスカーッと開けた眺望
               願わくば・・・もっとすっきり晴れてたら・・・なぁんてね

             ツッチョさんと
                 ツッチョさんとTさん登着  待ち伏せ大成功(笑)

ツッチョさんとは昨年10月13日に三峰山で一株のセンブリを一緒に写真に収めた仲であります。
後日 「実は僕 おたくのHPに2度登場してるんです」というメールをいただきメール交流が始まりました。
ブログも始められ同じ三重県内でも暖かい南の方のお山をいっぱい紹介しておられます。
お花の好きな彼は “今花を追っかけてマラソン状態”とか。
面と向ってお会いするのは今回が初めてでしたが あちらから「コトさん?」と声を掛けて頂き、ブログに写真も出ていましたのですぐわかりました。が、今にして思えば少々ぎこちないご対面でございました。残念! シャイな夫婦であります。

一緒にゆっくり下山 堀坂峠でお別れし彼等は観音岳にヒカゲツツジを求めて行かれました。
我々はすぐ近くの枡形山(白米城址)312,6Mに向います。

                  DSC01062s-.jpg
             山頂広場にはこんな立派な碑があります。そして360度の展望

ちょちょいと登れると早合点してたワタクシ 大誤算 しっかり、たっぷり歩きました~~
登山口を捜してウロウロしてる時同じように登山口を捜してる名古屋ナンバーの車に合いましたが、普通の旅行着姿のおばあちゃま方だったのです。(その方達には会いませんでしたが)
DSC01045s-.jpg
DSC01046s-.jpg
         待っていたのはこんな景色  満足満足でありました。
  1. 2008/04/19(土) 00:30:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

4月5日 久々の山登りです。

3月のコト家は週末の予定が会わずすれ違い夫婦。
5日ようよう “二人で山へ” ということになりましたが “さて何処へ?” 
この時期だと勿論福寿草ねらい!でしょうが、やはり “膝が~~~(m..m)”
ってことで、三峰山ゆったり、のんびりハイクとあいなりました。

          DSC00758_convert_20080414110049.jpg
                          平倉峰からの眺望
冬のようにくっきり、すっきりとはいかないけれど もやっと紗をかけたようなやわらかな光景は春のものですね。


今日は新道峠コースから。 落石や木ぎれで少し荒れた林道をエンジンをうならせて登山口まで行きます。すでに1台車が停まってました。         

       DSC00725_convert_20080414112048.jpg

しょっぱなから急な道をジグザグ登って植林帯の中を抜けると芽吹き前の自然林が山頂までず~っと続きます。
ゆっくりゆっくりと久々の山の空気をいっぱいすって、鳥のさえずりを楽しみながら進みます。足元に花はないかと目をこらしてみますが何~んにもありません。
             DSC00803_convert_20080414112959.jpg
                  こんな道をず~っとず~っと歩いて山頂へ     
            DSC00735_convert_20080414112620.jpg
         山頂手前のシロヤシオのトンネル さて今年の花つきはどうかな?                
            DSC00746_convert_20080414111333.jpg
               記念写真を撮って平倉峰にむかいます。

            DSC00751_convert_20080414112435.jpg
   ヒメシャラの林があちこちにあります。残念ながらまだこの花の時期にはまったことがありません。
            DSC00755_convert_20080414112809.jpg
    平倉峰へはこんな尾根道のアップダウンを数回繰り返します。しんどいけど心地いいよ。
            R0011002_convert_20080414110845.jpg
         本日のお楽しみ№1  コンビニでゲットした『匠のごはん三段重』とあさりのみそ汁
            DSC00770_convert_20080414111103.jpg
                 開いて並べてみるとこんなに豪華
     見た目も綺麗! 素材も吟味されたものばかりでお味もグー! 眺望二人じめで満足満足!
                  でも一人じゃ食べ切れなかったよ~


早々と食事を切り上げて写真撮影に余念のないコトどん
私はというと・・・・
  去年の今ごろはよく歩いたなぁ~~~
  高見山から明神平への縦走を、大勢でわいわいがやがやと・・・ 
  そしてこの平倉峰から先をずっとず~っと歩いて栗ノ木岳まで 登っては下り、登っては下り・・・
  よく飽きもせず・・・ 
情けなくなってしまった膝をさすりさすり楽しかった日々を思っていたとさ。

            
            DSC00120_convert_20080414113726.jpg
                 帰りに見かけたミツマタ 大木でありました。

            R0011040_convert_20080414113940.jpg
               コトどん最近ゲットの新アイテム
  1. 2008/04/14(月) 09:43:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

コト

Author:コト
FC2ブログへようこそ!




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。